父ちゃんより

2021年7月 7日 (水)

最近の農園風景です!

また久しぶりのブログ更新となってしまいました(-_-;)

相変わらず忙しい毎日を送っている、はしもと農園です。


今回は、圃場の様子などを紹介したいと思いますー。


昨年まで耕作放棄されていた田んぼ!!
稲の風景を復活させて、地元のお年寄りの方からもお褒めの言葉をいただきました(#^^#)
Dsc_1104
除草剤を使わない我が家の無農薬田んぼ。
何度も除草機を走らせる日が続きましたが、やっと稲の生育も進み、雑草に負けない大きさになってくれました。まずは一安心です(^^;


こちらは小麦の天日干し。
Dsc_1096
本格的な梅雨に入る前に、なんとか刈り取りを終え、じっくりと自然乾燥させています。


そして野菜畑の様子です。
Dsc_1123
キュウリの畝は、防草のためのビニールマルチを張った畝(右)と、張らない畝(左)。

環境負荷を招くビニールマルチを何とか減らしたくて、緑肥を使ったマルチ栽培に挑戦しています。



トマトも、あと数日で収穫開始です。近所の猫が遊びに来ています(^^;
Dsc_1128

茄子も少しずつ収穫始まりました。
Dsc_1126

比較的早く収穫始まったズッキーニ。元気を維持するために追肥をしながら収穫しています。
Dsc_1089

インゲンも元気一杯です!
Dsc_1125


今年から、山のため池の耐震補強工事で水が引けなくなった田んぼには、地力を上げる大豆を作付けしています。
Dsc_1103 
全部で8反歩。たくさん大豆が採れるように、除草作業を頑張っています。


玉ネギは雨が酷くなる前に無事収穫。ただいまビニールハウスの中で乾燥中です。学校給食にも沢山使っていただいてます(^^♪
Dsc_1107


こちらの畑には、緑肥のエン麦とヘアリーベッチを栽培(右)。その左隣りはサツマイモの畝です。
Dsc_1110
大きくなった緑肥は細かく粉砕して土に鋤き込み、冬の大根やキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーの畑にしていきます。



ブルーベリーも収穫始まっています。年々お客様が増え、収穫・選別が忙しくなってきました。本当にありがたい事です(^^)
Dsc_1080


雌のニワトリたちは、巣箱の中で卵を温め、ヒヨコが産まれ始まりました。
今年は何羽のヒヨコが無事に育つか、優しく見守りたいと思います。
Dsc_1135  


去年、スムシに入られてしまった二ホンミツバチの巣箱でしたが、今年も群れが入ってくれました。
毎日、蜜を探しに一生懸命働いてくれています。
Dsc_1097


そして隣町の朝日町からは、ハチミツの森キャンドルでお馴染みの安藤さんが、野菜の害虫芋虫対策にとアシナガバチの巣を移住させてくれました。たくさん芋虫を捕ってくれー!
Dsc_1090


こちらは、地元の大江中学校の2年生が職業体験に来てくた時の様子。
Dsc_1136
農家になりたい!っという子もいて、とっても嬉しく思います。
少しでも農業の楽しさや素晴らしさ、そして大変さを感じてもらえたらと思い、毎年数名受け入れています。


以上、最近の農園風景でしたー。




| | コメント (0)

2021年5月27日 (木)

最近の農園はこんな感じです

様々忙しくて、ブログ更新が遅れてしまいました。


田んぼ、野菜、果樹の管理作業プラス、動物たちのお世話に追われる毎日です(^^;


稲の育苗は、今年から水田の貯水沼の耐震工事があり、例年行っていた田んぼでの水苗代作りが出来なくなったため、初めての露地プール育苗に挑戦しました。


発芽が揃わなかったトラブルがあり、生育にムラが出来てしまいましたが、何とか田植えまで終わらせることが出来ました。

Dsc_1038

隣りの集落で初めて借りた田んぼは、耕作放棄地にされただけあって水持ちが悪く、常に水を流し込まなければ一晩で水がなくなってしまうザル田です(>_<)

常に水を流し込むという事は、それだけ水温が上がりにくいので、稲の生育が遅れてしまう事に繋がるのです。


でも、せっかくお借りできた田んぼなので、上手に付き合って収穫まで辿りつけるよう頑張りたいと思います!



その水田で雑草が発生した時に活躍してもらうのが、今年の新型除草機『ラジコンボートくん』です(^^♪

Dsc_1047

無農薬稲作が広がらない一番大きな理由は、田んぼの除草だと思います。

水田の中を除草機を押しながら歩く様は、誰が見ても大変そうな仕事と感じるでしょう。

見た人は、頑張ってるなぁと思っても、決して自分がやりたいとは思わないハズです。

そこで、子どもでも女性でも簡単にできる水田除草機を作ろうという事で、出来上がったのがこちらのボートです。


中古の部品を集めて作ったので、制作費は2万円チョットで済みました。

今から子どもと一緒に走らせるのが楽しみです(^^)



畑の様子も少しずつ賑やかになってきました。

ジャガイモ畑  品種はキタカムイです。

Dsc_1051


直播トウモロコシも発芽しました!  これは昔ながらのモチトウモロコシ。生食ではなく乾燥させて製粉して利用する予定です。
 
Dsc_1052


こちらは人参です。 今年は春の強風が何日も続いたため、土が乾燥して発芽させるのが本当に大変でした。3度目の播種でようやく出ました。

Dsc_1053


ネギの苗も大きくなりました。 先ほど、畑へ定植してあげました。

Horizon_0001_burst20210511081119491_cove


そして今、家の中で最も賑やかなのが今年産まれたヒヨコたち!

近所の友人へもあげたので、どんどん広がってニワトリを飼う家庭がたくさん増えたらいいなぁ。

Dsc_1049


そしてヒヨコを狙うハンター猫。 今日も元気にお散歩です(^^♪

Horizon_0001_burst20210505092304573_cove

| | コメント (0)

2021年2月 8日 (月)

2030 未来への分岐点

以下、長文失礼いたします。


今年に入り、NHKスペシャルで数回にわたり放送されている番組


「2030 未来への分岐点」シリーズ


みなさん ご覧になられましたか?


人口爆発

地球温暖化

気候変動・自然災害

食糧・水不足など


現代の社会活動が生み出したこれらの様々な問題を

科学的な分析を元に予想される近未来を描いた番組です。



経済活動が科学の発展を生み


資本主義経済は人間の飽くなき欲望を突き動かします。



人がそれぞれ自由に、必要以上の富を追い求めた結果、


地球の資源を再生産不可能なスピードで消費し


地球環境の激変を招いています。



世界中で起きる山林火災や干ばつに病害虫の異常発生


日本でも


夏場の最高気温の上昇や、季節を問わず降る極端な豪雨


そして冬の豪雪など


明らかに私たちの生活に大きな影響を及ぼし始めています。



さらに、


温暖化で溶けだした永久凍土からは


古代より氷の中にずっと閉じ込められていた、かつてなく恐ろしいウイルスさえも発見されてしまいました。


経済的に裕福で、あまり飢餓とは縁のない日本ですが



世界中で気候変動による異常が起き始めた現在


食糧の6割を海外に依存する私たちの食生活が


影響を受けないはずがありません。



その一方で、年間600万トンもの食料廃棄物を出す日本(まだ食べれるもの)

※世界中で行われている食料支援の1.5倍といわれています。


先進国が今のままの利便性や飽食があたりまえの生活を続けると


世界は本当に回復不可能な状況に追い込まれ、壊滅的な状況になる事がわかってきています。



人間(主に先進国)の生活を見直すことで未来を変えられるかもしれない


その分岐点が2030年だというのです。



食の分野でいえば


例えば私たちの大好きな肉やお酒


それらを生産するのに必要な水(餌となる穀物を育てるために必要な水や養分など)はどのくらいか


みなさんは考えたことはあるでしょうか。


それをバーチャルウォーターという指標で見た場合、


日本は世界一といえるほど海外から大量の水を奪っていることになります。



世界の8億人が飢餓に苦しむ一方、


後進国の人々が自給自足するための農地を先進国企業が安く買い取り、


現地の人を安い労働力で雇って栽培された原料を元に作られたのが、


日本のスーパーマーケットに並ぶ食品の数々です。



では、国産の肉や米や野菜は何から作られているでしょう。


それのほとんどが、化石資源によって作られた窒素肥料と海外からの輸入に頼るリン鉱石などを使った
化成肥料や農薬だと思います。



地球で巻き起こる異常が自分たちの生活スタイルに原因があると、


この国の一人ひとりが自覚して


価値観を転換して行動を見直す事ができなければ、



近い将来


間違いなく


人類の知恵や技術では どうする事もできない事態が起きるのだろうと思います。



そこで、今の自分に出来る事


まずは地元の資源に目を向ける


出来る限り自給する生き方を目指す


無駄な資源の浪費を無くす


自然に配慮した農業を実践する



そして、



同じような価値観を周りに広める


まずはこんな事から実践しようと思います。



写真もなくて長々とした文章 大変失礼しました。



「2030未来への分岐点」


再放送もあると思うので、是非みなさんご覧下さい。


P.S.

「100分で名著」のマルクス資本論や

BS1スペシャルの「欲望の資本主義2021」も興味のある方はチェックしてみて下さいね!


NHKオンデマンドとかで見れると思います。

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

有機農業が気候変動から受ける影響


昨年に作つけした秋冬野菜

はしもと農園はたくさん失敗しました。



冬定番の大根やカブ、白菜、茎立ち類などアブラナ科の野菜たち。残念ながら虫食いだらけです。

Dsc_0490


あるお客様より「冬定番の野菜(おそらく大根・カブ・白菜)はしっかりと生産してほしい」旨のご指摘をいただきました。



我が家でも、例年より手を抜いたりしたわけではありませんが、

今までの育て方が通用しなくなってきているのを感じています。



秋~冬の野菜を無農薬で育てようとした場合、重要になってくるのが種蒔きのタイミングだと思っていました。



秋、日が短くなり夜間の気温が下がり始まると、害虫たちの行動も鈍くなり、越冬の準備に入ります。

そのタイミングで畑に種を蒔く。あるいは苗を定植すれば、食害の少ない野菜を収穫出来る確率が上がります。



ところが近年、ここ山形県でも残暑が長く続くようになり、虫の活動が衰えぬまま急に冬がくるように感じています。

Dsc_0491


関東や西日本であれば、種蒔き時期が多少遅れても、初冬ある程度暖かければ野菜は生長してくれます。


しかしここ山形では、秋冬野菜の種蒔きが遅れると、その後の生育が追い付かず致命的な状況となってしまうのです。



防虫ネットなどを使用して種蒔きや定植を予定通り行いましたが、

結果は大失敗となってしまいました。



毎年 目まぐるしく変化する気候への対応能力が、これからの農家には求められてきます。


そこに化学肥料や化学農薬、防虫ネットなどの原油由来の資材に依存して対応していたのでは、

ますます自然の環境を破壊し、気候変動も収まりません。




来年は害虫忌避作用のある作物との混植なども導入して、環境破壊の抑制を意識しつつ、

季節ごとに定番のお野菜を、間違いなくお客様へお届けできるよう頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

雪国の晴れた休日には


野菜の収穫日だった3連休最後の日。


久しぶりにキレイな青空と暖かい太陽を見ることが出来ました🌞


仕事が一段落したところで、子どもたちと一緒に雪国らしい遊びをしてみました。


↓スコップとバケツを駆使して一生懸命 ”あるもの”を造っています。
Dsc_0134


↓こちらはバケツでつくった雪灯篭。ロウソクは、お隣り朝日町の安藤さん(ハチミツの森キャンドル)の蜜蝋キャンドル。毎年3.11に山形市で行われる「キャンドルナイト」で作らせて頂いたものです。
Dsc_0138



↓そして出来上がったのがこちら!! 雪の滑り台です!!(^^♪
Dsc_0163

一般家庭でこんな事ができるなんて、雪国もそれほど悪くないと思いませんか~~(#^^#)

Dsc_0170 

各地に多大な被害をもたらした今回の大雪。



多すぎる雪には本当に心底苦しめられますが、

子どもたちには少しでも雪国の素晴らしさも伝えていけたらと思っています。



ここ山形が関東や西日本と比べて田畑の獣害が少ないのは、このたくさんの雪のお陰でもありますしね。


田畑にたくさんの潤いを与えてくれる雪。

大雪にあっても感謝の気持ちを忘れず、上手に付き合っていけたらと思います。



田舎への移住を検討されている方がおられましたら、


雪国山形県(特に大江町!)も是非、候補地としてご検討いただけたらと思います!



↓今日の一枚。ヤギの”つくし”くん。大好物の米ヌカをもらって嬉しそうです(^^♪
Dsc_0133

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

除雪機またまたやっちゃいました・・・


先日の暴風雪の直前、満を持して屋根の雪下ろしを決行しました!


↓地面ではなく屋根の上
Dsc_0112

晴れていると青空に真っ白な月山が見えて最高の眺めですが、今回は曇り空で残念でした。
Dsc_0113

屋根の雪下ろしは気温が低い午前中にするのが鉄則です。

気温が上がるとトタン屋根表面の氷が溶けだして、雪ごと滑り落ちてしまうからです。


もう一つは完全に屋根の表面が見えるまで除雪しない事。

雪がないトタン表面は長靴で立っていられないほど滑るので、10cmくらい雪を残す事で安全に作業ができます。



なんとか暴風雪が来る前に雪下ろしを終える事ができましたが、その後思わぬトラブルが・・・



落ちた雪が庭に山のように積もり、それを除雪しようとしたとき、

雪山に大きな氷が混ざっており、除雪機がその硬さに耐えられず壊れてしまったのです(・_・;)




ということで、ここからはホンダ除雪機HS1180Zの修理作業を載せます。

同じようなトラブルにあった人の参考になれば幸いです。



さて、今回の故障箇所はオーガ左右にあるベアリングが外れてしまったというもの。

オーガ左右のベアリングを取り付けるにはオーガをハウジングから引き出さなければなりません。


このHS1180Z かなり古い除雪機なので、最近の機種のように簡単にオーガが外せないので大変です。


↓こちらは分解作業を終えてオーガを外した後の写真。ここまで辿り着くまでが素人には長い道のりなのです(^^;
Dsc_0114_20210109174201


まずはオーガを傾けるハイトシリンダーを外します。
Dsc_0126  


更に本体のボディカバーを外し(左右それぞれ2本のボルトで止まってる)、シューターを上下するワイヤーとシューター本体、シューターを回転させるモーターの配線カプラも外していきます。


次にオーガにエンジン動力を伝えるVベルトを緩めます。

↓Vベルトがプーリーから外れないように隙間調整している金具を緩めて、Vベルトをずらしてあげます。
Dsc_0122

↓あとは機体とオーガハウジングを繋いでいる金具と3本のボルトを外せば 「ガコッ!」とオーガ全体を抜き取ることが出来ます。
Dsc_0124


↓オーガ側のVベルトプーリーを、振動を与えて少しずつ引き抜いていきます。大き目のプーラーがあれば簡単に外せます。
Dsc_0119


↓あとはオーガとハウジングを止めているボルト数本外せば、オーガを引き抜くことが出来ます。
Dsc_0118


ちょっと大がかりな作業でしたが、無事に作業を終える事ができました。


電話で的確なアドバイスをして下さった隣町(朝日町)の五十嵐農機さんには本当に感謝しております(^^)


こんどあらためてお礼に伺いたいと思います。

| | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

自然の脅威はつづく

1月7日から数十年に一度の大寒波がくる予報が出されました。


今度のは大雪に加えて強烈な暴風が吹き荒れるようです(;一_一)



今まで数十年に一度といわれた規模の災害が、かたちを変えて代わるがわる毎年起きる昨今。


私たち人間が文明の進歩と思いながら突き進んできた代償は、とてつもない規模の災害となって降りかかってきています。



こうなってくると、今の資本主義経済で求められてきた「必要以上の消費を促す仕組み」は、本当に続いていくのだろうか?


続けて行って良いのだろうか?と、悩み考えてしまいます。



自分が会社員を辞めて農業の道に進んだ理由もそこでした。



でも、今の社会の仕組みでは、自給自足だけの農業では生きて行けません。


住居を確保し、結婚、子どもを産み育て、学問を習わせ、社会に送り出す。


自分たち以外の分の農作物を育てるために農機具を買い揃え、車で農作物を運ぶために燃料も使う。


家族が個人個人の暮らしやすさを追求して核家族化が進めば、残された年寄りは一人で生きるためにまた「お金」を稼がなければならない。



自分でできない事や、つくれない物に囲まれた生活をおくるために必要となる「お金」。



世界中の人が必要以上を求めず、互いの違いを認め合い、全てを平等に分かち合える事が出来たなら、


今のような自然の脅威に怯える社会は来なかったかもしれません。



何千年も前にお釈迦様が、人間の煩悩について語っておられるのに、


それを改めることなく欲望のまま過ごしてきた結果が、今の社会の姿に思えてなりません。



競争から生まれた数々の便利な技術。


それは競争ではなく、協力することからでも生み出せるものなのではないでしょうか。


人間以外の自然の多様性も大切にし、競争による必要以上の消費行動をしなくてすむ社会が、早く構築されることを願って、


自分に出来ることから日々少しずつ行動に移していけたらと思っています。




長々と書いてしまいましたが、話は戻って目の前の防災について。


大雪による停電の恐れがあるので、電気に頼らない暖房器具や、除雪に必要な道具・燃料・機械の整備と車のガソリン補充、


それと数日間は外出しなくても済むような食糧の確保など、皆さんもどうか気を引き締めてお過ごし下さい。



↓そんな難しいことは頭のスミにもない”ねこ”

久しぶりにスズメを捕まえて自慢げな様子です。

Dsc_0102



↓ビニールハウスの中のニワトリたちも相変わらず元気!

Dsc_0098



↓大雪といえば定番のこれ。今日の子どもたちの力作です(^^;

目やそばかす、体のボタンはクズ豆。鼻は人参、口は豆の鞘。笠を被せてかなり存在感があるものに仕上がっております。

Dsc_0106


どうか世の中が安穏でありますように。

今日もブログを読んで下さりありがとうございました。

| | コメント (0)

2021年1月 2日 (土)

年末年始の「はしもと農園」こんな感じです。

新年明けましておめでとうございます。


コロナウイルスや寒気の影響が続いておりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか❓



ここ山形県大江町は相変わらずの雪景色。


年末年始にかけて、一日に10~40cmくらいずつ雪が降り積もり、毎日どこかしらの除雪作業をしている我が家です。



先日、雪が一時的に止んだ瞬間を見計らって、ビニールハウスの野菜たちに水やりしに行ってきました。


↓「水やり楽しい!」と一生懸命手伝ってくれる長男。

Dsc_0093

いつもは一人孤独な作業ですが、長男のおかげで全く違った愉しいひと時になりました(^^)




↓一方こちらは、大雪の前に外の小屋からビニールハウスの中へ引っ越したヤギ達。

Dsc_0095

ヤギは湿気を嫌うので、乾いたハウスの中で寒気からも守られてご満悦のようです。


今年は田んぼや畑に放牧して、除草や圃場の肥沃化に活躍していただこうと思っています。




それにしても今年はどんな一年になるか想像もつきません。


少しでも皆さんの生活が安らかな年でありますように。




毎年何かしらの失敗がある我が家の農業。


お客様の要望にもお応え出来ないことも多く申し訳ありません(T_T)



今年こそはと、めげずに一生懸命頑張って参りますので、

引き続きお付き合い下さいますよう どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

今年の雪 ちょっと多すぎませんか?

先日の大雪。

皆さんお住まいの地域では被害ありませんでしたか?


昨年はほとんど積雪のない冬だったのに、なんなんですかね今年初っ端のこの大雪は。



突然の大雪により、ここ大江町の雪に慣れている農家でも、ビニールハウスを潰してしまった人が何人もいます。


我が家も今年建てたビニールハウスを救出するべく、除雪機を出動させました。

Dsc_0052

何日も降り続く雪・雪・雪・・・


降り積もるスピードに負けないように除雪していきます。


ミスして機械を壊したりしないよう、慎重に。




この時期、大根や人参を雪の下から収穫するはずでしたが、


畑の野菜を収穫するために使っていた小型の除雪機が故障してしまい、


農作物の配達を中止せざるを得ませんでした。



それでも学校給食分くらいは頑張ろうということで・・・


股下ほどまで積もった雪の中から大根掘り!!

Dsc_0078

疲れて座り込む母ちゃん。


京都で農業を学んでいたときにも雪下野菜の収穫作業は経験済みですが、

歳を重ねたせいか疲れるのも早くなってしまいました(涙)



そんな私たちを全く気にもせず、牧草の上でハイジのように昼寝満喫している”ねこ”

本当にうらやましいです。

Dsc_0049


| | コメント (0)

2020年11月17日 (火)

お米がつくれない

うちの田んぼに水を引くための貯水沼


山の水を貯めるため、山間に盛られた堰が耐震強度不足という事で、令和4年まで補強工事が行われます。


その影響で来年、再来年とお米作りが出来ません。


我が家で食べる米すらも作れない・・・


でも2年間我慢すれば、今後巨大地震などが起きても安定的に水が引けるのだから良しとするしかありません。



昭和20年頃に作られた巨大な貯水沼


現代のように強力な重機もない時代に人力で造ったなんて凄すぎます。



先人たちの多大な苦労があるからこそ、今の豊かな田園風景がある。


我々現代人はその尊さを忘れてはいけませんね。




そして水稲が作れない間、空いた田んぼはどうするかというと・・・


大豆を育てようと思います。

Dsc_0031
これは水はけが悪い田んぼを畑地化するために排水溝を掘った様子です。


なぜここまでして大豆を作るのか。


所得を稼ぐ他に重要な理由があるのです。


それは、


我が家の米づくりは除草剤を使わないため、毎年の除草作業が非常に大変なのですが、


数年大豆に転作していた田んぼで水稲を作ったところ、稲の生育を阻害する水生雑草がほとんど生えなかったのです。



私が除草機を使って田んぼの中を歩く姿を見た人は、無農薬の米を一生懸命に育てているなぁと思うかもしれませんが、


除草剤を使う慣行栽培に比べるとあまりに大変そうで「自分も無農薬で米づくりしてみようか」という気にはならないと思います。



自然環境保護のため無農薬の米づくりを広めるためには、とにかく誰でも楽に出来る方法を確立して、取り組み易い状況にしなければなりません。


水稲の転作として大豆を作付けすることで、無農薬の米づくりが楽に行える・・・となれば


無農薬米の栽培面積が増え、自然の生物多様性も改善され、国内自給率の低い大豆の生産量も増える。


田んぼの耕作放棄も少なく出来るかもしれない。



先人たちが心血注いで造り上げた田園風景をなんとか荒らさないように、


今より更に自然の多様性を育みながら維持していきたいと思う。

| | コメント (0)