父ちゃんより

2020年5月 6日 (水)

忙しくなってきたー!!!

Dsc_0460

稲の苗づくり、今のところ順調です!

手前が黒米。奥がモチ米・うるち米です。黒と緑のコントラストがキレイです(^^)




Dsc_0465
 
田んぼはやっと荒起こし。

乾きが悪い圃場では、今年もトラクターがハマりそうで冷や汗かきましたが、なんとか終える事ができました(・_・;)

でも何だかトラクターのロータリー(耕耘部分)がガタガタする・・・

爪を回している軸の部分のベアリングが経年劣化で破損しているようです(>_<)

早速部品を注文。機械屋さんに頼むと、おいくら万円するかわかりません。なので、部品が届き次第自分で修理してみようと思います。



Dsc_0466

耕耘している圃場を見に来た息子。

田んぼが楽しくて楽しくて、ついつい畦を一周してしまうのでした。



Dsc_0463

こちらはトマトの苗。順調に大きくなってくれました(^^♪



Dsc_0457

先日、30℃を超える暑さになった山形県。

子どもたちの要望に応えて、BBQをしてあげました。

八十八夜も過ぎました。朝晩の気温差が激しいこの時期、体調管理をしっかりして夏の本格的な農作業に備えていきたいと思います。


| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

日々是好日

ここ数日の作業の様子です!

Dsc_0420_20200501062901

こちらは稲の種籾を苗箱に撒いています。

苗箱を軽くするため籾殻燻炭を混ぜた土に播種していきます。

それでも水を含んだ苗箱は1枚4kgくらい。

今年の苗箱は240枚。それをドロドロの苗代に運んで並べていく作業をしなければなりません。

なので、省力化のためには苗箱の軽量化が重要なのです。


Dsc_0436_20200501062901

そして苗箱を並べ終えた後の苗代。

今年もややトラブルがありつつも、無事に苗代完成。遠くに見える月山が疲れを癒してくれます(^^)



Dsc_0451_20200501062901

苗代に並べて4日目くらいの様子です。

品種によって差はありますが、無事に芽が出てきてくれました(^^♪

はしもと農園の米は、うるち米が『ひとめぼれ』。もち米が『ヒメノモチ』と古代米の黒米『朝紫』です。


Dsc_0424_20200501063001

農作業の合間に農道・水路の補修。

人口減少・農業の担い手不足の影響で、こうした農村の維持管理も今後難しくなっていくと思われます。

今回のコロナウィルス騒動で、行き過ぎたグローバル社会の脆弱性が指摘されるていますが、農村で自給する事の価値が見直されることを願うばかりです。

都会の皆さん、大江町へ移住しませんか~~~‼


Dsc_0445

こちらは田んぼの『畦塗り』作業。
※冬の間、畦にネズミやモグラの掘った穴が無数にあるため、水が漏れないように畦を修復する作業。

昔は畦に水をかけて鍬で土を砕き、泥を練って手作業で行っていましたが、今はトラクターに装着する機械がしてくれるのでとっても楽です。
※この機械は高価な割に年に数回しか使わないので、集落で共同利用できる物を無料で借りられます。

トラクターで土を耕すと、鳥たちがお目当ての虫を探しに後をついて来ます。なので一人での作業も寂しくなくなります(^^♪


Dsc_0452_20200501070601

そして田んぼを平らにする作業。※凹んだ場所にトラクターで土を移動しています。土を散らすのは手作業なので大変な作業です。

この作業は何故行うと思いますか?

それは、圃場が平らじゃないと降雨の際に水が溜まって、いつまでも田んぼが乾かなくなってしまうからです。

すると、いざトラクターで耕耘しようとした時に、柔らかい田んぼにハマって抜け出せなくなってしまう事があるのです(・_・;)

トラクターを泥の中から救出する様子って思い浮かぶでしょうか。農作業をしていて最も見たくない状況です。



最後に家族たちの様子を少し。

Dsc_0437

畦塗り前に畦の草をヤギに食べてもらっています。


それを見守りながら田んぼで宿題をする子どもたち。
ウィルスの影響で休校中の二人に、屋外の勉強部屋?をつくってあげました(^^;

ヤギは寂しがり屋なので、人の気配がしないと「メェー!メェー!!!」と泣き叫びます。逃げたときのためにも見守り担当は助かります。



Dsc_0441_20200501063001

そして『ねこ』という名の我が家の猫。

ぽかぽか暖かい育苗温床の上で、至福のお昼寝を満喫していました(#^^#)

「猫いいなぁ。猫になりたい!」が我が家の口癖になりそうです。

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

苗づくりに追われる日々

Dsc_0395

苗づくりの様子。こちらはネギの苗たち(^^)

一本ネギ、九条ネギ、赤ネギ、小ネギなどがスクスク育っています。



Dsc_0396 

踏込み温床の様子。

虫よけ混植用のマリーゴールド、レタス、春菊、エンドウ、スイカ、茄子、ピーマン、紫蘇、キャベツ、ズッキーニ、キュウリ、インゲンなどなど

仮植・定植を待ちわびる苗たちからの声が聞こえてくるようで焦ります(-_-;)



Dsc_0397 

そんな温床内で事件が発生( ゚Д゚)

それはネズミに発芽途中の種を一部食べられていたのです。

最近、我が家の『ねこ』が苗箱の上を歩き回ったので、育苗ハウスは猫立ち入り禁止に。

その結果、温床にネズミが出入りするようになってしまいました(T_T)


対策として、苗の周りに唐辛子の粉や木酢液を撒いたりした結果、ネズミは来なくなったようです。

とりあえず苗が全滅せずに済んだので一安心(´▽`) ホッ。



Dsc_0408

そして今日の作業。稲の苗代作りです。

苗代に最適な小さな田んぼに水を張り、苗箱を置くベッドを同じ高さで平らに作ります。


この苗代、場所によっては膝まで浸かるため、昨年まで長靴の中を泥水でガボガボさせながらの作業でした。

そこで今年からはこちらを導入↓↓↓

Dsc_0412

漁師さんが着るような、長靴~胸まで防水加工された服です!!!

どこまで浸かっても関係ない安心感は最高です。ついつい鼻歌を歌いながら作業していました(^^♪



Dsc_0399

これは稲の育苗土に混ぜる肥料を入れた土です。

肥料にはクズ大豆を粉砕して微生物に分解させたものや、コウモリの糞が化石化したグアノが入っています。

土全体に菌が回り塊になっています。


この土を他の無肥料培土と籾殻燻炭に混ぜて種籾を撒きます。



雪も少なく春が速かったように思われましたが、この時期らしい春の陽気が安定しないので種蒔きのタイミングに悩みます。

どうか無事に種蒔きが終了しますように...

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

結婚の相談

今日も我が家は種蒔きと定植。

明日からまた天気が下り坂なので、晴れの日をどれだけ有効に過ごせるかが農作業の大事なところです。

Dsc_0387
こちらはキャベツの定植作業。

他にもジャガイモ植えの続きや、エンドウの定植。

人参、大根、かぶ、葉物類などなど・・・畝立て作業と種蒔きやら、トラクターに乗ったり軽トラックに乗ったり。

農道補修の下見に行ったり、知人の畑を耕耘したり、人参の収穫をしたり、朝から夕方まで大忙しの一日でした!

ウィルス問題で休業を余儀なくされる方もいる中で、いつもと変わらない忙しい春を迎えられている事に感謝しなければならないですね。



ところで最近、子供たちが将来の結婚相手について悩み事を言うようになりました(^^;

息子は母ちゃんと結婚したいといい、娘は父ちゃんと結婚したいといいます。


それは子供たちが我が家の生活に満足してくれているという事なのでしょうか。。。


将来、誰と家庭を築き、どんな職業に勤めるかわかりませんが、家族で苦楽を共にできる農家の価値を、記憶のどこかに残しておいてほしいなぁと思ったのでした。

| | コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

新年 あけまして・・・

年末年始は皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか。

久しぶりの長いお休みの方もいれば、お仕事で頑張っておられた方も多いと思います。

我が家は福島県郡山市の実家へ帰省し、平和でのんびりとしたお正月を過ごさせていただきました。


そんな中、同じ時、同じ空の下で、紛争などにより爆撃の恐怖に怯えたり、貧困などで苦しんでいる人々がいる事は、

意識しなければすぐに頭から消えてしまいます。



私たちの生活は、目に見えない縁で結ばれていて、様々な人との関わりによって日々生活させていただいています。

グローバル化が進んだ現代では、自分の生活が良くも悪くも世界中と深く繋がってしまいました。

水 鉱物 食糧 工業製品 エネルギー資源 などなど

生活に必要な物が身の周りから遠くなればなるほど、生活は不安定になっていきます。


地産地消 自産自消


多少の不便さはあっても、近場で自ら産み出し、消費するローカルな生活は、実は生活の不安が少なくなるのではないでしょうか。


世界中の土地や大気を巡って、時を廻って与えられる空気や水は別として、

自分に必要な物が身近なところで生産できて消費する。


それでみんなが満足できる世の中になったらいいですね。



ご縁というものは人間社会だけではなく、自然界とも強く結びついているわけですが。


人の営みによって様々な生態系に影響を与えていることも、目に見えにくい事象の一つです。



風土に合わない作物をつくろうとする。

風土に合わない作物は病気が発生するので、作物を守るために農薬を撒く。

意識していないところで蜂やトンボ、その他多くの昆虫や微生物が減る。

そして花粉媒介がされないとか、別の害虫が発生したり、農薬に耐性をもつ病原菌ができたり。


そうやって生物たちの微妙なバランスが少しずつ崩れています。



先進国が求める需要に応えようとして、途上国では熱帯雨林が切り開かれ、

人件費の安い途上国に建てられた工場からは多くの汚染物質が放出されています。


私たちは目に見える部分だけで物事を判断してしまいがちですが、


そろそろ歩んできた道を見直さなければ、取り返しがつかない事態になると思っています。
もう既になっているかも知れませんが・・・



宇宙的な時間軸から見れば、地球の環境問題なんてほんの一瞬の出来事で小さな問題なのかも知れません。


でも、今生きているからこそ得られる本当に大切なものがあります。


だから少しでも、後世に素敵な世界を残してあげたいと思います。



どうか少しずつでも、世界中の人や生物の営みが、良い方向に向かう一年でありますように。


そして心の底から、あけましておめでとうと言える時代が来ますように。

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

ブログ再開です!

大変長らくブログ更新をお休みしてしまいました(-_-;)


楽しみに見ていて下さった方々には、本当に申し訳ありませんでした。


7月から9月にかけて、橋本家では様々な出来事があり、気持ちの余裕がなくなってしまったのでした(*_*)


母ちゃんは様々悩んだ末、大江町の議会議員選挙に立候補することとなり、支援者の皆さんの多大なご協力により無事当選させていただくことができました。


ご支援下さった皆様には、言葉に尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。



そして母ちゃんは9月下旬より、町の議員として頑張って働いております。




さて農業の方はというと、先日やっと稲刈り・杭掛けが終わり、お米は天日干しで乾燥中です。


台風19号により、立てた稲杭が倒れないか心配です。


どうか全国的に台風被害が軽くなることを願うばかりです。



本当はもっと書きたい事がたくさんあるのですが、台風前にやらねばならない作業があるので、今日のブログ更新はこの辺にしときます。

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

田んぼの除草

除草剤・化学肥料を使わない米づくり。


雑草から稲を守るため、田植え後間も無く、田んぼの中で除草機を走らせるわけですが、

毎年6月中旬頃から、草の勢いが一気に増してくるのです。



水面下で密かに成長している小さな雑草たち。

水面に少しでも姿を現すようになると、もーーーー焦ります。



ちょっと油断すると除草機でも歯が立たないほど強力な姿になってしまうのです。

その後は稲が養分を吸えなくなり収穫する頃には見るも無残な田んぼに。。。



6月下旬、今年も雑草に勝つか負けるかの分岐点となる時期がやってきました。


いまの田んぼの様子がこちら

Dsc_0415  


なんだか雑草の姿が少ないようです。


今年も既製品の除草機に独自の工夫を加えて挑みました。


今回の改造効果はかなりいい感じで、除草がうまくいっている気がします。


どうかこのまま稲がスクスクと育ち、すべてのご注文にお応えできますように。

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

こどもに”社会”を教えるには

最近多いですね。以下のようなこと。


不正不祥事続きの上、基地問題や国防のためと言って、多額の装備品をアメリカから買わされて国民の税金を無駄にする腐敗した保身第一の政治家問題。


わが子をも平気で虐待し殺してしまう未成熟な親や、学校でのいじめによる自殺を認めようとしない等の教育問題。


金融取引やギャンブル、詐欺や強盗殺人で簡単に金銭を得ようとする人たちの事件。



これらは日本だけの話だけじゃないけれど、先進国といわれる日本がこんなにも社会的に成熟していないのは何故でしょうか。



その原因の一つが、こどもの頃からの教育にあると思います。



日本という国はどんな人が、どんな思いで、どんな時代を経て、どんな仕組みで造られてきたのか。



特に現代社会の形成に大きな影響を及ぼしたのは、江戸末期の戊辰戦争あたりから台頭してきた人たちの行動と、それらを背後で支援していた海外勢力の存在でしょうか。


また、戦争に勝てば様々な利益が得られると思い込んだ権力者たちがいたこと。


その権力者にすり寄り、民衆に本当の情報を与えず、国に大変な損害を与えたマスメディアの存在。


資本主義と共産・社会主義との対立において、日本の国土を戦略的に利用するために戦争が起きたこと。


戦後の敗戦で荒廃した日本の状況をうまく利用して、日本の文化に異国文化を急速に広めて、アメリカに大量に余っていた小麦を食べさせることで現在の食糧依存を引き起こしたこと。


日本が共産・社会主義国家とならないよう、正力松太郎(アメリカCIA所属・自由民主党所属)に資金提供して、アメリカにとって都合の良い報道をするテレビ局(日本テレビ)や新聞社(読売新聞)をつくらせたこと。
そして原発を日本につくらせたこと。


日本で戦争を主導し、敗戦後はアメリカにすり寄り戦後罪を逃れた人たちが、アメリカからの資金援助でアメリカのいいなりになる自民党をつくったこと。


現代社会にも大きな影響を及ぼしている近代史を学ぶのは、本来社会科教育においてとても重要な事だと思うのですが・・・

今の日本国民の大半は、こんなことを誰からも教えて貰う機会すら与えられていません。



そういった情報弱者の国民による国政選挙。



まともな選挙結果が出るはずないですよね。


もっとも、戦後の3S政策 によって選挙(政治)への関心すら削がれているわけですが。




そんな時代だからこそ読んでおきたい、または子どもに読んであげたい本を紹介したいと思います。

まず一冊目は
「こどものとうひょう おとなのせんきょ」



この本は、今は故人となられている絵本作家の”加古里子”さんが1983年に発行された絵本です。


「選挙に勝ったから」

といって、少数派の意見をないがしろにし、多数派の意見ばかりを押し通そうとする人たちに正面からNOを突き付ける、こどもでも納得する民主主義のありかたを描いた傑作です。



小学校高学年頃のお子さんから一緒に読んでみてはいかがでしょうか。





そして二冊目はこちら
「スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む-日本の大学生は何を感じたのか」



この本は、スウェーデンの小学校の社会科教育を調べ、政治への意識が高いスウェーデンの人々が、いかにして育てられてきたかを書いています。



社会科といっても、そこには政治経済の仕組みはもちろん、歴史、道徳、法律と人権、税と家計、社会情勢、メディア、社会の変え方(議論の仕方)など、社会人として生きていくために必要な要素が満載の内容なのです。



著者の方も書いていますが、日本の小学校教育では、こどもに対して”現実社会の悪い面・見てほしくない面”は情報として与えない傾向があるのではないでしょうか。


あまり若い時期に現実ばかり教えても夢がないとか。


その結果、若者はいつまでたっても政治が遠い存在となり、私の住む地域では、身近な集落の決め事さえ親任せの雰囲気が漂っています。



スウェーデンでは、こども一人ひとりを社会の一員として認めているからこその、現実を直視させ、これからどう生きていくかを教える教育方針なのだと思いました。



我が家でも少しずつ、こどもたちに社会で生きていく術を教えていけたらと思うのでした。




なんだか長々と重いブログの内容ですみません。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

化学物質過敏症のこと

先日放送があった、BS日テレの「NNNドキュメント’19」という番組で化学物質過敏症をとりあげていたので録画しました。



化学物質過敏症:

非常に微量の化学物質(特に揮発性のもの)にさらされる事で、粘膜刺激症状・循環器症状・消化器症状・自律神経障害・精神症状・中枢神経障害・運動障害・知覚障害・意識障害など様々な健康被害が現れる病。


その病名については、私たちを農業研修として受け入れてくださった京丹後の梅本農場で教えてもらいました。


今、我が家の米や野菜を購入していただいているお客様の中にも、その病を患っている方もいらっしゃるので、身近なところで苦しむ方々が複数存在されている事実もわかっています。


今回の番組を通して、この患者さんに降りかかる被害の実態をあらためて認識させられました。


タバコの煙、建材の臭い、教室のワックス、衣類の洗剤・柔軟剤、そして農薬など石油由来の化学合成物質で溢れかえる現代社会において、その患者さん達が普通に生活できる空間は本当に少ないのが現状です。


年代問わず突然発症し、それまで通っていた学校や会社に行けなくなるのはもちろん、日常必要な物を買いに行くことすらままならなくなります。

夏に集落全体田んぼに農薬をまく地域の方は、ひと月に22日も山の小屋を借りて避難するとのことでした。



衣類の制限(香料)、家具の制限(接着剤)、住宅や地域の制限(建材の臭いや近隣住宅からの臭い)、接する人の制限などにより、患者さんはとことん社会から孤立することを迫られます。


孤立を避けるためには、幾重ものマスク着用(防毒マスクを着用して会社へ出勤する方もおられました)、重度の花粉症のような防護メガネの着用、化学物質の臭いが消えた古い住宅への引っ越しや、建材からの揮発性物質を防ぐために全面アルミ張りした室内空間の施工など、本当に大変な苦労をしなければならない様子を見ることができました。
この病気を知らない人たちは、普通の生活ができない患者さんを”怠けてる”という目で見てしまう事もあります。

家族でさえも理解が得られず(または症状が手に負えず)、離婚や自殺を口にする場面もありました。


唯一の処置方法は化学物質から距離を置き静養するのみ。



本当に厳しい現実です。




そんな患者さん達でも笑顔になれる場面がありました。


無農薬・無化学肥料の田んぼや畑で生き物と遊んだり、ご飯を食べているシーン。



今栽培している作物に加え、そんな空間を提供したい。


それを我が家の目標にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

冬のオススメ防寒対策

我が家の冬の主な外仕事は、

・雪の下野菜の収穫
・野菜の水洗い
・作業小屋での仕分け作業
・そして家屋やビニールハウス、農道の除雪といったところでしょうか。
これらの作業で何が辛いかというと、やはり手先や足先の冷たさかなぁと思います。

そんな中、夫婦で愛用しているのがこちら↓
こちらの商品、12,500円弱とかなり高めのお値段です。
しかし、
私が初めに購入して6年以上経過した現在でも、長靴表面に細かいヒビ割れが見えるものの水漏れはなく、雪上での使用が主なので靴底の減りも少ないのでまだまだ使えそうです。
安物の長靴は足首の曲がる箇所から亀裂が入り易いんですよね~。
また、温かい防寒長靴となると造りがゴツくて足首が曲がりにくく、かなり重たいものが多いのですが、このシバタのスポンジ大長は比較的軽いし柔らかくてしなやか。
そして雪深い地域ではとても重要な膝下まである長い丈。
毎年安物長靴を買い替えるくらいなら、こちらの商品を長く大切に使った方が絶対お得です。
メーカーさんによると、ある程度の注文依頼がないと追加生産できないそうなので、末永く生産いただけるよう、たくさんの方にご愛用いただけたらと思います。

本当におすすめです!! ぜひ皆さんも購入して廃盤にならないように応援お願いします。

そしてもう一つ冬仕事の悩みは、手先の冷たさ。

防寒手袋をいろいろ探すのですが、こちらは表面が丈夫で厚みがあり手にフィットするようなら、どのメーカーのものでも良さそうです。
しかし、どの手袋にも言えるのが、作業中の手から滲み出る汗で内面が湿り、翌日には氷のように冷たくなっているということ。
その悩みを解消するべく思いついたのが、防寒手袋の内側に使い捨ての薄いビニール(またはゴム)手袋をすることです。
その日にかいた汗は内側の手袋内にこもるので、外側の防寒手袋の内面は乾いたまま!
これで翌日も冷たくない防寒手袋を乾かさずに使えるという事です。

冬の防寒対策にお悩みの方は、ぜひお試しになられてはいかがでしょうか(^^♪


もう春が近いというのに冬のおすすめ情報でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧