オススメしたいこと

2018年5月19日 (土)

生活クラブエナジー

映画「おだやかな革命」を観て、電力会社を切り替えたいな~と思われた方に朗報です。

もちろん安全・安心な食材を生活クラブで購入するのはオススメなのですが、電力だけを買うこともできると聞いてきました!

組合員にはならなくてはいけないのですが、出資金はたしか1000円だったはずです。

脱退するときには返金されます。

詳しくは、お問い合わせくださいね。



クリーンなエネルギーの応援になります。

私たちのお金は投票権。

お金を使う先は、自分が応援しているところ、ということです。

ぜひとも、お買い物は慎重にどうぞ(笑)

お使いになる電力会社を生活クラブエナジーに変更されてはいかがでしょうか~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君たちはどう生きるか

大ヒットしている「君たちはどう生きるか」を我が家でも(結構前に)入手し、読み終わっておりました・・・。

岩波文庫版、漫画版、マガジンハウス版のなかで、字が大きくて読みやすそうなマガジンハウス版をチョイスしました。

子どもたちに読ませたいと思いましたが、ふりがながあまり無いため4年生には難しく、わたしが大体の内容を説明することとなりました。

読後の感想としては、人間の悩みは不変的なものだなぁということでした。

そのうえで、自分は自分の立ち位置でどのように生きていくのか。

自分の信念を持ち、それをどう行動で示していくのか。

主人公に共感しつつ、自分だったら・・・?と考える。

いま現在の生活に置き換える。

困っている人がいて、自分が助けることができるなら手を貸す。

間違っていることがあれば、注意する。

親は子の背中を見て育つ、といいますが、

私たちは子どもたちに恥じない親でありたい、と強く思います。



元々は昭和12年に刊行されたこの本。

政治批判などで弾圧・処罰されぬように、児童書というくくりで発行した、と以前NHKの「すっぴん」で聞いていました。

中学生くらいになれば、誰でも読めるようになるはずです。

わたしがざざっと説明して、興味深い本だと知っている娘。

しっかり自分で感じながら、考えながら、読んでみてほしいなぁと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

カレーライスを一から作る

昨日の午前中は「西蔵王・里山で映画を楽しむ会」さんが開催してくださった「カレーライスを一から作る」の上映会に行ってきました。

「グレートジャーニー」の探検家、武蔵野美術大学教授の関野吉晴氏の課外ゼミ「一からカレーライスを作る」のドキュメンタリー映画です。

以前、夕方のNHKラジオでこの映画の監督を招いたインタビューを聴いていて、興味があったので、この機会に感激し、とても楽しみにしていました。

娘も楽しみにしていた映画だったのですが、会場の「はらっぱ里山保育園」のロケーションが素晴らしすぎて、途中退席。
ほぼ退席していた息子とともに、他の子どもたちと外遊びのほうを楽しんでいました・・・。
見せたかったのに残念・・・。

カレーライスって何からできている?
食べるためには何が必要?

自分が今使っているもの、食べているものは、いったいどこから来ているのか?
どのように作られているのか?を考えるきっかけになる映画でした。

わたしたちは、生き物を食べて生きています。
生きているものの命を奪って、または傷つけて、生きています。

野菜も果物も山菜も生きています。

関野さんが言うには、そこに命が無いのは「人口添加物と塩だけ」。

本当にその通りだなぁと感激しました。

カレーライスに使う米、野菜、肉、スパイス、塩、皿、スプーンを自分たちで作ります。
野菜・米・スパイスは農薬化学肥料を使わずに作ります。

ただし、春から始まるゼミのため、越冬する野菜は除外しなくてはならず、たまねぎ、にんにくは諦めたようでした。

野菜を作っている子が、「化成肥料使いたい・・・」と悩んでいる様子は本当に共感できました(笑)

周りの畑の様子を見て、もりもりと元気よく育っている野菜と自分たちの小さな野菜。

ひと掴みの肥料を1回あげるだけで、元気になって大きくなって、最後までしっかりと育つ。
そんな誘惑に負けそうになっている男の子をみて、胸が苦しくなりました。

ひと掴みの肥料を1回あげるだけ、だけど、なんでそんなに簡単に大きく強くなるのか?
それはどんな影響を与えているのか??

そこまで考えてほしいな、と強く思いました。

水稲の種まきが始まる季節です。

除草剤は1回だけ使用しています、などとありますが(何回も使用する人もいるのはもちろんです)1回使用することによって、除草に入らなくても良いほどの大部分の雑草が出てこなくなる、ということはいったいどういうことなのか・・・と、以前、小立の伊藤さん(有機農家さん)に言われたことを改めて考えてしまいました。

鳥たちを屠るシーンも苦しいですが、必見だと思います。
ただし、デリケートなお子さんは難しいかもしれません。


その「カレーライスを一から作る」が、6月にフォーラム山形で上映されるそうです!

6月15日㈮~28日㈭までで、16日の㈯10時の回には監督と関野吉晴氏がトークされるそうです!!
それも行ってみたいけど、難しいかなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

おだやかな革命

昨夜、ようやくフォーラム山形で「おだやかな革命」を観てきました。

先週の上映時間帯は、午前とお昼すぎの2回上映だったので、なかなか仕事の都合で難しかったのですが、今週はお昼と夜!ということで、作業を終えてバタバタと夕飯を食べ、子どもを連れて、家族で行ってきました。

エネルギー問題に取り組む国内の5つの地域の物語。

そして、福島の現状にもしっかりスポットライトをあててくれています。

生活クラブの取り組み(エネルギーを自らつくる、生産者と消費者のつながり、エネルギーを作ってくれている地域への貢献など)は、本当に素晴らしいと感じました。
わたしも生活クラブに入り、エネルギーや商品を買っているのですが、誇らしくなるほどです。
買い物は投票!と強く感じられました。

喜多方の会津電力さんのお話では、ちょうど今年のお正月に美味しい美味しいと飲んだ「弥右衛門」の大和川酒造店さんが出られたので、不思議な親近感。

また、飯館村の方のお話は本当に
「やるしかない、ここで生きていくしかない。そのためにはどうするべきなのか」
を、考えて考えて考えた末の活動を感じられました。応援したいです。

飯館村の方が語られていた最後のお話には、心から共感し、悔しくも辛くもありました。

岐阜の石徹白地区では、移住者が地区の住民と一緒になって(どんどん巻き込んで)地域の再生を図っていました。

岡山の西粟倉村では、町村合併を拒み、村の95%を占める森林を活用して何とかできないものかと村民が工夫を凝らした結果、移住者を呼び込むまでの地域に変わっている、というお話でした。
(関係ないですが、森の学校さんのユカハリが欲しくなりました。台所が気持ちの良い樹の床だったらいいなぁ)

行政から「やれ!」と言われたわけではない。
自分たちがやりたくてやる、やらなくてはならないという使命感でやる、切羽詰まってやる。

みんなで協力して、やる。

1人ではどうすることもできないことを、まわりの人々と協力し、支え合って、より良い未来に向かっていく。

どこかに依存するのではなく、自分たちのなかで完結させることができれば、田舎と呼ばれる地方は、本当に強いです。

都会なんて目じゃありません(笑)

お金に重点を置き、無いものねだりをしていては、なにも見えてきません。

そして、都会の人はぜひとも田舎に投資をしたら良いのではないでしょうか。

自分ではなにも生み出すことができず、必要なものをお金でしか買えない生活をされている方は。

今こそ、田舎の時代がくる。
(政府のいう地方創生とは、チョット違うかもですが)
そんな希望を感じる映画でした。

なんで大江町にきたの?どこが良かったの?と聞かれることが多い私たちですが、
「田舎には何も無い」なんて思わずに、都会に無い素晴らしい資源や人間関係に目を向けて、それを活かす取り組みをどんどんしていけたらいいなぁと改めて思いました。

上映はフォーラム山形で20日まで!まだの方はぜひともどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

ようやく入手

欲しくて欲しくて欲しくていた、たかのてるこさんのヨーロッパ紀行本

とうとう買ってしまいました。

2冊とも。


文庫本になるのを、まだかまだかと待っていたのですが、一向にその気配がなく。


買ってわかりました。

幻冬舎じゃなくて、ダイヤモンド社だったのですsign01


そんなわけで、買って正解の2冊。

今夜からウキウキで読み始めます~。るんるんhappy02shineup


コタツの中で、たのしい海外旅行気分。



一方、父ちゃんは今いちばん興味のある「山賊ダイアリー」とやらに熱中しています。

さぁ、父ちゃんは狩猟免許を取るのでしょうか!?

乞うご期待!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

おしるこ

冬のおやつ、おしるこ。

下条町のkikukawaさんで、わたしたちのお餅をつかったおしるこがいただけます。

Dsc_0194
すこし箸をつけてしまったけれど、まだキレイなうちに写真が撮れてよかった!

って、これは父ちゃんので、私は早々に箸でぐいぐいと餅を変形させてしまっていました。



やさしい甘み、でも満足のいく餡
香ばしく焼けたお餅(焼き加減が絶妙!上手!!)

かわいい箸置き。

センスの良い店内。

笑顔でやさしい店員さんたち。



ほっこり、癒されたいひとときに、いかがでしょうか?


もちろん、フルーツサンドやお食事系サンドイッチ、あんバター、maaruさんのドーナツもおいしくてオススメです!

自家製ドリンクなども美味しいし、カフェオレ(コーヒーが得意ではないので、いつもカフェオレをお願いしてます)もおいしーいです。

どれもこれも、丁寧につくられたことがよくわかります。


いただくたびに、私もしっかりしなくちゃなーと反省させられたりもしています(笑)
てへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

心の汗をかきたい方へ

今日は久しぶりに父ちゃんがブログを書きます。


母ちゃんがボランティアで参加している小学校での絵本読み聞かせ。

その本を選びに大江町の隣り、寒河江市立図書館へ行ってきました。

今度の読み聞かせは、うちの娘がいる3年生のクラス。

我が家としては、絵本の読み聞かせによって、子どもたちに思いやりや優しさといった感情を育みたいというところに重点を置いているため、絵本選びは大切な時間なのです。

そして今回、私が図書館から借りてきた絵本は


ずっとそばに・・・』 作・絵 いもとようこ


見ていてとっても癒される優しい雰囲気の絵。内容はシンプルながら大人でも思わず涙ぐんでしまう内容です。

図書館でたった数分だけ絵本を読めば感動できるって素晴らしいと思いませんか。

涙は心の汗。スッキリした気持ちで図書館を後にしました(^^♪


家に帰り、学校から帰宅した息子(小1)に母ちゃんが読んであげました。すると・・・


息子は本の内容に涙ぐむどころか笑ってしまうとのこと(-_-;)

う~ん 小学1年生の琴線には触れなかったようで、母ちゃんは3年生も感動してくれるか怪しいとのこと。

残念ながら今度の読み聞かせ、父ちゃんのオススメ本は却下となりそうです(;_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

ステナイ生活

FACEBOOKで流れてきたお知らせに、ハッとなり、昨日は書き損じや未投函ハガキを寄付しました。

偶然は必然なのかな、と感じています。

ぜひぜひ、みなさんもステナイ生活を!

貯めこんでいた使用済み切手、使用済インクカートリッジも一緒に送りました。

クラフトリンクも気になっていたシャプラニール。

誰かのために、自分に無理のない範囲ではありますが、お役立ちできたら嬉しいなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

切干大根づくり

今季は切干大根づくりを努めています。

家庭用乾燥器は昨年もあったのですが、不器用大王が自ら切ると不揃いすぎて売り物に出来ず、良く出来たものを限られた方にしかお分けできなかったのでした。

しかし!今年は秘密道具を導入!

ドイツ製スライサーです!

札幌在住時代から、よく分からず集めていたグリーンスタンプの券。

こちらでもダイユーエイトでいただくグリーンスタンプのポイント券。


なんと、これで物々交換(?)ができることを知り、スライサーをゲットしましたgood

(今回、ブログを書くためにスライサー情報を収集したら、思いのほか安くて驚きましたが、お金を使っていないことが大事なので、良しとしますcoldsweats01


このスライサーは、厚みが8段階と千切りの幅が4段階に分かれていて、カチカチとダイヤルで調整ができるので、厚みが3で千切りが2と指定すれば、毎回同じ千切りができます。

また、幅を無くすと、ただのスライサーにもなる。幅広の薄切りもできるし、使い方によってはみじん切りもできる(挑戦したものの不器用大王には難しかった)のです。

乾燥は低い温度でじっくりしたほうが、白くてキレイな切干大根になりました。

栄養価は天日干しには劣るかもしれませんが、農薬・化学肥料不使用の室内乾燥(埃などの心配は不要)切干大根は、使いやすいのではないかなーと消費者目線で思う私なのでした。

実家のテレビに録画してあったNHKあさイチの切干大根特集がすごく面白くて勉強になりました。

郡山の母から聞いた、みそ汁に切干大根を入れるのも美味しかったです。

干し野菜は、たくさんの可能性があるのでしょうね~。勉強したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

この世界の片隅に

先日、ラジオで聞いた前評判がとても良かった映画「この世界の片隅に」を観てきました。

観たい観たいと父ちゃんに言い続け、いよいよ念願かなって、一緒に行ってきました。

この季節の公開でよかったですmovie

本当に本当に、本当に良い映画でした。

ネタバレになってしまうと悪いので、多くの情報を書くのは控えますが・・・。


戦争映画って、だいたいが兵隊や戦闘のシーンを描いたものが主だったと思います。
「火垂るの墓」は、ただただ悲しみや怒りが湧くもので、戦争は絶対にイヤ!と心から思うので、それはそれで良いのですが。



一般市民の日常生活と戦争は同時に営まれている、という当たり前のリアルさ。

戦争を体験したことのある方なら、きっと「そういうものだったわ」となるような感じなのでしょうが、体験したことのない私には想像することもできませんでした。

自国で戦争が行われたとき、いつもと同じ暮らしを続けていけるはずがありません。

でも、その状況のなかで、いつもと同じような暮らしを(できることは限られているかもしれませんが)していきたい、というリアルさ。


多くの方に観ていただきたい映画です。

劇場で公開されている今!ぜひとも!


わたしたちはいろんなことを感じ過ぎてしまって(笑)、鑑賞後の頭痛があったくらいですが・・・、観ることができて本当によかったと思います。

私はもう1回観たいくらい!


ラジオでは、「昔の人のキレイな言葉遣いがすばらしい」という情報を聞いていたのに、ストーリーを追うことに夢中で、そこまで神経を研ぎ澄ますことができませんでした・・・残念。

いまは色々なことが雑になりすぎていると感じます。

言葉遣いも食事作りも人間関係も、何もかも!

丁寧な暮らし、丁寧に生きたいとずっと思い続けています。

実現していきたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧