農園のこと

2018年12月13日 (木)

給食への出荷

昨年に続いて、先月から町の保育園や小学校への出荷をしています!

小学校へは人参、保育園には大根とかぶです。

町の子どもたちに食べてもらえるのは、本当に嬉しいことです。

最近は雪の下から掘りだす野菜たち。

にこにこ食べてもらえてるといいなぁ~。


今月初めには小学校の食育週間があり、根っこ付きの野菜たちを寄贈してきました。


Dsc_0572_2

栄養士さんが、野菜に関するクイズとともに展示してくださいました。
これも昨年に続いて2年目。

見て、触って、考えて・・・。

大きくなりすぎた小松菜や黄色いかぶ、緑色の大根、赤水菜、みぶな、掘ったままの里芋など、スーパーではあまり見ないものを中心にお届けしました。

先生方も驚いてくださって、狙い通りです(笑)

お昼の放送でも「はしもと農園さんからいただいた」とお話しくださったようで、子どもたちは少し恥ずかしかったようですが。


最近は、夜な夜な豆の選別に勤しんでいます。

大草原のDVDも麻雀も我慢です。

ご注文をいただけるのは幸せなことです~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

雪囲い

昨日は読み聞かせの後、収穫作業をして、給食の野菜をお届けしてきました!

その間も父ちゃんはハウスの完全な完成形に向けて、詰めの作業を。

あと少しです!

午後は2人で、ブルーベリーの雪囲い作業。

99本の樹をそれぞれ縄でぐるぐる巻きに。

最初に立てた支柱の棒が朽ちていたので、それをいぼ竹支柱に差し替える作業もあったので午後いっぱいかかってしまいました(日が落ちるのが早い・・・!)。

しかし、雪が積もる前に終わって良かった!

バタバタ、あせあせしているものの何とか1つずつこなしていってます。

47573760_2416416798374272_477053632

頭の毛糸の帽子がホッとする季節になりました。
靴下も2枚履きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

無事に収穫出来そうです!

Dsc_0009

定植が遅れて巻くか不安だった白菜も、なんとか形になってきました!

その年ごとに気候の変動に振り回されるのは当然なのですが、昨年まで失敗してたものが今年成功したことにより新たな仕事が増えて、今まで問題なく育てられていた野菜に手が回らなくなる事が多々あります。

一年を通しての作業スケジュールが安定的に定まるまでは、本当に辛抱辛抱の日々なのです。

一年に一度しか出来ない作業もありますが、失敗したときはまた来年頑張ろう!と夫婦で慰め合いながら気持ちを切り替えます。

今まで農業を教わった農家さん達は本当に段取りに無駄がありませんでした。

早く自分もそんな農業者になりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

油断していると

昨日まで、夜間の冷え込みがすごくて、サトイモやさつまいものためにストーブをつけていましたが、今日はそこまで寒くない日でした。

金曜日の初雪に慌てて、ネギ・里芋の収穫と昨日は玉ねぎの植え付けを終えることが出来ました。

昨日も1日、子どもたちはほぼ放置。

それでも、楽しく過ごしてくれている子どもたちに感謝です。

1日といっても、朝動き出したのは10時過ぎだし(夜間の麻雀にやられた・・・)、夕方は4時半には暗くなってしまうので、夏ほどの放置ではないですねcoldsweats01
(夏は長い昼休みもありますが)

朝、にわとりたちにエサをあげにいくと・・・1羽足りない。

久々にやられました。

今年生まれた茶色のヒナがいません。

ニワトリゾーンの周りに点々と彼女の羽が落ちており、山の方へ続いていました。

最近無事なことに油断して、夜に小屋を閉めていなかったのです。

悲しい・・・。

茶色ヒナちゃんにも悪いことをしました。

というわけで、昨夜からはしっかりと閉めました。

いまから冬になると、なお狙われやすいですからね。

ニワトリたちを家の前のハウスに移動しようか検討中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

初雪

とうとう、降りました。

昨日の朝、配達の準備をしようと玄関を開けたら・・・

ぼたぼたと大きな雪が降り、地面や庭が白くなりはじめていました。

やられた・・・!

もう少し先かと期待していたのに。



そんなわけで、昨日は慌ててネギの収穫です。
(雪が積もると折れてしまうのです)
父ちゃんは午前中から、私は配達を終えて2時ごろのお昼休み過ぎから合流です。

先日、導入した新兵器「掘り取り機」くんに手伝ってもらい、猛スピードで終わりました。
すばらしい!!!馬力が違うぜ!

そのあと、あと一歩で収穫が終わらないサトイモに移動。

残り2畝のうちの1畝を日暮れギリギリに終えました!

今日、ラスト1畝を収穫して、サトイモ終了!!


さー、冬に向けて頑張っていますよー!

白菜、早くしっかりと巻いてくれー!!!!
(まだフワッとしているのです・・・焦るー!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

源助大根

今年の大根は、ほぼ源助大根1本です。

変わり種の、たくわん用の阿波晩成大根と紅芯大根、緑の江都大根以外はすべて源助大根。

固定種の割にキレイな形がそろうのが魅力です。

みずみずしく柔らかく、煮崩れもしにくい、味の良い大根。

なのですが~!!!

ビッグサイズになりすぎ、スが入るものが出てきています。

私たちは冬季、大根を雪の下から掘りあげてお届けするようにしています。

スが入るほど成長してしまうと、ちょっと困ってしまうんですよね~

切干にもできないしbearing

見た目は美しく、スが入っているかどうかの判断がつかないのが大問題でした。


ネットで調べたところ、外葉の茎に空洞があるものは根にも空洞(ス)が入っていることが多い、とのことでした!


そんなわけで今週の収穫分からではありますが、茎をチェックしてお届けしています。

どうか届きましたら、すぐに根と葉の部分を切り分けて保存していただけますようにお願い致します。

見た目で不良品がわからないっていうのは、ほんとうに辛いものがあります。


農業は難しいなぁ~。

そして、いまのネット情報は素晴らしいなぁ~。


と、しみじみ感じるのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

阿波晩成大根

ありがたいことに、たくわん用大根のご注文をいただき、お届けしてきました!

木曜日はその収穫作業に勤しみました。

Dsc_0536_3

阿波晩成大根。

なーがーいー!!!!

ちょっとやそっとの力で引っ張っても、全く抜けません。

綱引きパワーがつきそうです。

わたしは早々に諦めて、父ちゃんファイトー!と応援し、かぶ収穫にまわりました。

ごぼうもそうですが、長く根を伸ばしているものは本当に抜けない!

改めて勉強になりましたー。


さ!わたしも、たくわんを漬けるために干しますよー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

祝☆ハンマーモア復活

昨夜遅くまで父ちゃんが頑張った結果、ハンマーモアが治ったそうです。

すばらしいshine

はずれない日じゃなかったみたい。

宝くじを買わなくて、よかったよかった。


そして、今日は収穫・仕分けデーでした。

明日のセットは、源助大根・かぶ(味こがね又はサラダカブ)・コールラビ・にんじん(黒田五寸)・ネギ・みぶな・サラダセット・ほうれんそう・チンゲン菜・かつお菜・アスパラ菜・里芋・さつまいも(パープル又は紅はるか)などの中からお届けします。

葉物の品数がだいぶ減ったので、仕分けが早くなりました。

その代り、根菜類を洗う時間が長くなって父ちゃんが大変そうでした。

それにしても大根がでかすぎるんです。

45872649_370371367057473_6405281644
(比較写真)

3キロ近いものも多くあり、手におえません。

しかし、源助大根は非常にデリケートな大根で、衝撃に弱く傷みやすいので、赤ちゃんを抱くように扱っています。重いです。

46022104_577068302752577_52680082_2

かぶも伸び伸びと育ってくれていますが・・・

大きすぎて、お客さんに出しにくい!
ちょうど良い大きさで止まってくれるといいのになぁ~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

はずれない日

今日はビニールハウスをせっせと建てるデー。

のはずでしたが・・・

途中から、部品が外れずに悪戦苦闘・・・!


結局、外れぬまま暗くなって終了しました・・・。


その後、倉庫にて、ようやく届いた部品でハンマーモアを修理しようとしていた父ちゃん。


ハンマーモアが古過ぎて、交換する部品が取れないそうです。


苦しんでおります。



うーん。

こういう日に宝くじを買うと当たるんじゃないかしら。


もう夜の9時だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

豆、収穫!

なるべく毎日パソコンを開いて、ブログを更新したいなと思います。
(果たして続くのか!?)

Dsc_0531

今日は、配達の後、豆の刈り取りでした。

午前中に父ちゃんが刈っておいてくれた豆たちを、集落の脱粒機を借りて作業しました。

秘伝豆と紅大豆。


とってもよくできていましたし、乾き具合もちょうどよくてバッチリでした!


案の定、最後は暗闇の中で終了・・・という例年通りのタイムスケジュールでしたが、それでもヘッドライトをつけなくて済んだのは成長の証です。

選別次第、販売開始です。

今年は、黒千石も秘伝豆も紅大豆も好調です。うれしい!

小豆は、もうちょっと工夫の余地ありでしたが、来年はぜったいにうまくいくはず!

年を経るごとに成功事例が増えていくのは本当に嬉しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧