« メヒシバ | トップページ | おとうさんという呼び方 »

2019年6月19日 (水)

震度6強

昨夜、強い地震がありました。

大江町は震度4。

自分たちの体感としても、震度4くらいだろうと予想できる揺れでした。
(震災の余震を何度も体験したので、震度の予測ができるようになりました)

珍しく長く大きな揺れで、震災を思い出しました。

そして、震源地がまさか福島沖だったら、どんなに大きな地震だろうか!と大変な被害を想像しました。

すぐにラジオ、テレビをつけると山形県沖との情報。

震度6強の村上市の方には本当に申し訳ないのですが、少しだけホッとしたのです。

福島の原発が今、さらに大地震に遭ったら!と思うと想像を絶する状況になると思うからです。

それでも、震度5強以上の地震の被害は大変なものと思います。

余震などでの体験から、震度5弱まではライフラインや家の中の状況など、そこまで心配しなくても大丈夫かなと推測できるのですが…。

震度5強からは違います。

鶴岡市にはお世話になった方や仲良しの子が住んでいます。

シロの家族(ヤギ)もいます。

新潟には原発もあります。

大きな地震が来るたびに原発の心配をしなくちゃならないのが、本当に嫌です。

先日の川内原発の裁判所の判断も腹立たしいものでした。

天災に対応できないのに、危ないものは利用しちゃいけないと思います。
何を大切にしているんでしょうね。

どうか今後、大きな余震が来ませんように。

少しでも被害が小さくすみますように。

怪我などする人が少なくありますように。



|

« メヒシバ | トップページ | おとうさんという呼び方 »

はしもと家の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メヒシバ | トップページ | おとうさんという呼び方 »