« 2019春 たねまき | トップページ | とのさま »

2019年2月27日 (水)

たまご販売

前回のお届けで、初めて!

たまごの販売をしました。


にわとりの個体差(若さや体の大きさなど)によって卵の大きさや形がバラバラです。
それも私たちのなかでは自然なのでそのままおとどけです。
Dsc_0152

なぜか、お母さん(グランマ)の産んだ卵は縦長いのが不思議です。

通ってくる道の問題?殻が形成されるときの臓器の問題?


葉っぱをあげているので、黄身はしっかりと黄色いです。
レモンイエローではありません。

オレンジ色の黄身の卵を産む鶏はパプリカ(色の強いスパイス)を食べさせているんだと聞いたことがありましたが、自然に暮らしていて、葉っぱを多く食べている鶏の卵の黄身はしっかりとしたオレンジに近い黄色だということがよく分かりました。

それが健康で良い卵だとされていたからこそ、簡単に色がつくようにパプリカを食べさせたのだろうと推測しています。

販売する卵はお届けする時点で一番新鮮なものを詰めてお渡しすることにしています。
(その日の朝に産んでいれば、それをお届けします)

卵を産む用の鶏ではなく地鶏なので、またパタッと産まなくなる(または、卵を温めだして取れなくなる)可能性は大いにありますが、販売できるときにはお届けしますね!

ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

|

« 2019春 たねまき | トップページ | とのさま »

農園のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまご販売:

« 2019春 たねまき | トップページ | とのさま »