« 2018年12月 | トップページ

2019年1月

2019年1月18日 (金)

まんぷく

野菜セットの定期配達は年明けから隔週になっていますが、お休みの週もちょこちょこと給食やノウマドさん、umuiさん分などの野菜を雪を掘る収穫に行っているため、適度な運動になっている「はしもと農園」です。

ここ最近のお楽しみは朝ドラ「まんぷく」です。

最初から見ているわけではなく、昨年末たまたま見たところからハマってしまい、欠かさず観るようになってしまいました。

わたしのなかでは「おしん」に次ぐ(私に対する)激励ドラマ。

「万引き家族」でスゴイ!と感動した安藤サクラさん。
「まんぷく」でも、やはりスゴイです。

サクラさん演じる福ちゃんがグッと涙ぐむと、不思議と私も涙ぐむという謎の現象。

パワーがあります。

そして、パワーをもらえます。

やる気になるドラマ、「まんぷく」。いよいよカップラーメン作りにすすむのか?というところです。

安藤百福についても調べてしまいましたよ、モデルだっていうから・・・。

すごい人は世の中にたくさんいますね。

あんなに振り幅大きくなくていいから、真面目に頑張って皆に喜んでもらえる仕事を頑張りたいです。

日曜日はドラマが無いのでいつもがっかり~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

けんちん汁

我が子たちは、けんちん汁が大好きです。

なぜかはわからないのですが、異常に好きです。


昨日、朝からけんちん汁を4.5ℓの鍋にたっぷり作りました。

朝から頑張ったわー。2日くらいいけるなーとほくそ笑んでいたら、夜には無くなっていました。

食事の時にはおかわり2~3杯、おやつ代わりにけんちん汁、夜食にけんちん汁、とフィーバーが1日中続いたのでありました。

しかし、よくよく考えると、材料はすべて自分のところのものだったことに驚きました。

我が家の豆を使って、大江町の庄司豆腐屋さんが作ってくれたお豆腐。
ごぼう、にんじん、だいこん、さといも、ねぎ、味噌。
あとは、お水だけ。

こんにゃくは冷蔵庫になかったから諦めたのでした。

すごい!はしもと農園のけんちん汁!売れるかな(笑)?

好きな飲み物はけんちん汁と言い出した娘と、自分の名前と掛けてケンチャン汁とか言い出した息子。愛がすごいなぁ。


ごぼうがもう無いのが惜しい!

2019の年末にはもりもりとゴボウを使えるように、頑張って作りますよー!

相変わらず伸びしろだらけの「はしもと農園」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

雪だるま

Dsc_0650

冬休み最終日に、子どもたちが作った雪だるま。

手が弱々しい大根葉なのが、なんともシュールでした。

枝とか無かったのかな(笑)


小学校では今週からスキー授業が始まります。

わたしは、スキーがものすごく嫌いですが、子どもたちは町のスキー教室のおかげでスキーが大好きです!

教室!ありがたい!

幼い頃にちゃんと教えてもらえてたら、スキーが好きになっていたのかなぁ~。

家族でスキーに行く機会がなくて申し訳ないけれど、早く成長してお友達と楽しんでほしいと願うばかりなのでしたー。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

縁談

年明け早々、シロにお婿さんが来てくれました。

西川町から、リンリンくんです。


49896521_287479425304674_4980372779

数日間、シロのお部屋にお泊りしてくれました。

シロと同じ年の角がものすごく立派な男の子です。

49739355_1848572581932397_412587639

最初はシロにガンガンどつかれていて

49834118_1027383620764676_843200319

お手上げのような表情を見せたりしていましたが(笑)

お別れの時には2匹とも寂しそうな鳴き声をあげていました。

ヤギの関係って不思議。


リンリンが来た日、ちょうどシロは発情期!


妊娠期間は5か月ということなので、初夏にはもしかしたらヤギの赤ちゃんが産まれるかもしれません。

月末にまた発情期が来たら、妊娠していないということになります。

シロのお部屋に大きなヤギ2匹でも大丈夫そうだったので、ファミリーが増えても大丈夫かな?と感じました。

さぁ、また動物が増えるのでしょうか。

お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

2019年の目標

あけましておめでとうございます。

新年も、もう5日過ぎましたね。

お正月モードもだいぶ落ち着いてこられたのではないでしょうか。

わたしたちは、28日に最終の配達を終え、29日・30日の寒波による大雪を片付けてから(笑)、帰省しました。

多くの方と逆方向に移動するので、あまり渋滞に巻き込まれないのもありがたいことです。

30日の帰省時には高速道路内のトンネルで対向車線の車が事故を起こしていて(直後だったようです)、これから渋滞するんだろうなぁ・・・かわいそうに~とその後を走っていく車を案じていました。

一寸先は闇。

日々、いつ、どんなときも、このあと何が起きるかわからない。


今年は宮沢賢治氏の「雨ニモマケズ」を目指していきたいと思っています。

目で読み、声に出して読めば読むほど、こうあるべきだ!と強く思います。

決して瞋らず(いからず)。これは難しいかも・・・と思ったのですが、普通の怒るという漢字ではないので、調べました。

--------以下、転用-------

大修館書店刊の『大漢語林』などによると、「イカる」と読む字で、

「恚る」は「うらみいかる」、
「怒る」は「腹をたてる。外にあらわしていかる」、
「嗔る」は「目をむきだしていかる。はげしくいかる」、
「憤る」は「いきりたつ、いきどおる」

等々といった区別があるようです。
仏典に親しんでいた賢治はこれらの区別をかなり正確にわきまえていたと考えられます。

--------以上------------

といったわけで、現代的に言うと「キレる」という表現に近いのかもしれませんね。

決してキレず・・・であれば、なんとか頑張れるかも・・・!と思いました(笑)

どうかな・・・もう無理かな(笑)

いえ、目標は高く!

そして、農民としての暮らしも、この精神に乗っ取って慎ましくできたらと思います。



実は大人になってから数作読んだだけなのですが、本当に!宮沢賢治氏はすごいなぁ・・・。



このお正月は大雪が降らなかったおかげで、昨夕、山形に戻りました。
そこから年賀状を(まさに、あけましておめでとうという気持ちで!)作成し、本日、賀状をいただいた方々にお返事を投函しました。
(本当に遅すぎ、申し訳ありません!)

宮沢賢治像前で撮った家族写真を載せました。

ご覧いただけるとありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ