« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月29日 (土)

ダイコンサルハムシの襲来

42432215_836562496696544_5557408744


42429491_1974678252608401_639483671

見るも無残な黄金菜の葉・・・。

見つけ次第、ぶちぶちと潰す私たちです。

秋の葉物群、このほかにも多々あります。

アブラナ科のものが主にやられていますが・・・。ひどい。


越冬野菜の大根や白菜にもついています。

なんとか逃げ切りたいものですが、どうなることでしょうか!!

サルハムシの成虫は、実の部分(大根やカブなど)も食べ荒らすということです。


あー、恐ろしい~。

山形にきたばかりの頃はサルハムシが居なくて、喜んでいたのに~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

晴れの日は稲刈り!

今朝は雨です。

収穫日ですが、ちょっと雨が強いので様子を見ています。

昨日は晴れ!

朝から夕方まで、稲刈りでした。


5年目で、要領を得たこと、バインダーがぬかってハマらないこと(これ重要)で、1日1枚ペースで稲刈り進んでいます。

数日おきに降る雨で、田圃には水が張り、歩くとズブズブとぬかるのですが、ありがたいことにバインダーがハマらないので、順調に進んでいます。

明らかにハマりそうな場所は手刈りしているのも良いのでしょう
これも5年の経験より。

42377914_313301932786577_8989134549

↑これは日曜日の写真でした。



台風24号、きてますね~・・・こわい。

チャーミーって名前は気象庁で決まるんですか?ヤギってのもありましたけど。

恐ろしいものなんだから、もっと恐い名前にしたらいいのにー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

中秋の名月もお彼岸も過ぎ

なんと!驚きの9月下旬入り!

ていうか、もう9月終わりますね!ひょえー!!!

衝撃の時の流れ。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。


私たちは、先週の水曜日に2018年の稲刈りをスタートしました!
Img_20180919_103721_070

最初は餅米から。

昨年よりも杭の本数が微妙に多いところを見ると、収量は少しだけ上がっているようです

しかし、天候に恵まれない今年(夏はあんなに晴天続きだったのに)。

雨天が多く、田圃もぬかるんでいます。

また、野菜の定期配達もあるため、動ける日も限られている私たち。

かなり必死な稲刈り日程なのです。

どうかお天道様が味方をしてくださいますように・・・。


いや~、なぜこんなにブログを更新できなかったかというと・・・

実は・・・

予定の無い夜は「大草原の小さな家」のDVDを1話ずつ観ているからなんですね~(笑)

Amazonで定価よりも断然安くDVDBOXが手に入るということで、購入してしまいました。

まだまだシーズン1のようやく半分、というところなのですが。

いやーーーー!!!!

すばらしいです!
このドラマの完成度すごすぎますよ!!

再放送したらいいのに~。最高すぎます。1話ごとに大感動。

1話(50分弱)見るだけで、映画1本観たほどの満足感。

皆さん、本当にオススメです。

そんなわけで、ブログ更新が滞ることもあるかと思いますが・・・というか、滞りますが(笑)どうかご勘弁を

日中はしっかりと作業をしておりますので~!

家族はみんな元気です!ご安心を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

じわりじわりと稲刈りへ

更新していない間に、あっという間に9月中旬です。

田圃は黄金色に波打っています。ナウシカを彷彿させる季節がやってまいりました。


私たちもお天気を見ながらですが、稲刈りを開始する時期に来ております。

今年は、ご希望の方がいらっしゃれば、ぜひともお手伝いに来ていただけたらと思っています。

わたわたパニックはしもと農園を感じていただけるかと(笑)

SNSなどでも告知していきますので、ご興味ある方はぜひチェックしてみてくださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

相次ぐ天災

先週は、台風21号と胆振東部地震で西日本から北海道まで甚大な被害が多く出ましたね・・・。

被害に遭われた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

台風21号の影響で、関西空港はじめ大阪などの状況をテレビで見て衝撃を受けていた翌々日、北海道での大きな地震。そして、全道が長時間の停電。

東日本大震災を思い出す泊原発の異常事態。


電気が無いと、何もできない社会が露わになりました。

信号機、電車、空港が稼働しないので、移動できない。
マンションなどは断水になる。
ガスでない家は、調理も出来ない。
スマホの充電ができないと、連絡も取れない。

危ないので、配送業者も動かないため、スーパーなどにも商品が入ってこない。
生鮮品は保存できないので、カップ麺と飲料水ばかりが店頭に並ぶ。


少し前に、アズマカナコさんの「もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活」を読了し、電気に依存しない暮らしって大切だなと感じたばかりでした。

そして、数日前に父ちゃんがAmazonで安く購入した「大草原の小さな家 DVD-BOX」を少しずつ観ているのですが(1日1話。ものすごーい気分転換になり、癒されます)、このローラたちの暮らしには電気が使われないため、こちらも参考になっていました。

そのなかで起きた大規模停電。

これは、メッセージだと思わずにはいられませんでした。


停電だ!エネルギーが足りない!もっとエネルギーを作らなければ!!

そうではなくて、エネルギーがなければ、違うもので代替えできないだろうか?とか、今あるエネルギーで足りるように、もしくは少ないエネルギーでも足りるように、みんなが最低限の利用に抑えて暮らせば、エネルギー使用量はもっと少なくて良いのではないか。

みんなで意識しながら、実現に向かうための警告だと思います。


足るを知る。すべてに通じます。

電気を使わない暮らしをしたいのではなくて、必要なところが優先的に電気が使えるような社会になったら良いなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »