« 夢の中へ | トップページ | 相次ぐ天災 »

2018年8月31日 (金)

いらいらイラガ

先日、ブルーベリーの収穫をするためにかがんだら、おでこに猛烈な痛みが走りました。

ちょっとブルーベリーの樹に触れただけなのに!

なんだ!この痛みは!!

と、1人でおでこを押さえて、苦しんでいました。

なにか、おでこに虫が刺さっているような感覚。
必死で手袋をした手でさすったり、こすったり。

少しずつ痛みも治まって、なんだったんだろう・・・と思いつつ、帰宅したらすっかり忘却。


翌々日のブルーベリー収穫では、腕に猛烈な痛み!そして、膨れ上がる傷!

これは虫の仕業だ!と、そのあたりを見ると、いました!何かが!

Dsc_0441

ブルーベリーの葉の裏側に不審な虫。

腹が立ったので、すぐにつぶしてやりました(就農5年目。虫には強くなりました)。

そのまま収穫を続けるも、あれは手でつぶしてはまずかったな・・・と反省し、次に見つけた同じ虫は葉っぱと葉っぱで挟んでつぶしました。



帰宅後、父ちゃんに大興奮で危険な虫の報告をしていたら
「ああ、イラガね」とあっさり名前を教えてくれました。

猪苗代の観光ブルーベリー園にお世話になっていたときも、お客さんが刺されて何度も騒ぎになっていたそうです。

いや、たしかにこれは(ものすごーーーく)痛い。絶対わたしも客だったら騒ぐ。

そんなイラガに刺されたところは、翌日には痛みも痕も一切ありません。

皆様もイラガの幼虫にはくれぐれもお気を付け下さいね。

|

« 夢の中へ | トップページ | 相次ぐ天災 »

農園のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いらいらイラガ:

« 夢の中へ | トップページ | 相次ぐ天災 »