« 週末のスタッフ | トップページ | 君たちはどう生きるか »

2018年5月17日 (木)

保護ねこ探し

「ねこ」にマダニがついているのを発見しました。
1つは父ちゃんがブチッと潰し、1つは娘が無理矢理引きちぎったのですが(笑)、うまく取れません。
ネットで調べると、バイ菌が入ると化膿することもあるとか・・・。

もう1匹、パンパンに血を吸っているダニがいたので、動物病院へ行くことにしました。

と、動物病院へ行く直前、ポトリと落ちているパンパンのダニ。

どうやら完全体になって「ねこ」から離れたようです。

え、ダニ取れてるけど・・・行ったほうが良いかな?という気持ちがかすめましたが、先日の残っている部分などもあるし、で行ってきました。

「ねこ」のダニ患部にイソジンで消毒してくれて、治療は終了。家でもできるそうです。
と、その時、新たにダニを発見。先生に取ってもらいました。いともたやすく。

うーん、家でもできそうだな。


トラの去勢をお願いした病院でもあったので、トラが亡くなったことも伝えました。

トラがいなくなってしまったポッカリ感を埋めたくて、いま保護されている猫たちを譲ってもらえるといいなぁということも伝えると、いるよいるよ!とのお返事。

翌日、家族で会いに行ってみました。

かわいい仔猫たちがたくさんいましたlovely

みんなで興奮して、いろいろとお話していると「譲渡には室内飼いが条件」ということがわかりました。

それは約束できない・・・と意気消沈。

わたしたちは、猫にもネズミ獲りとして働いてもらいたかったのです。

トラはものすごーく働き者で、助かっていました。

「ねこ」も獲らなくはないのですが、そんなにがめつい(笑)タイプではないのです。


ご縁のある猫ちゃんがやってくるといいなぁ~と願っています。

|

« 週末のスタッフ | トップページ | 君たちはどう生きるか »

どうぶつのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2004750/73501606

この記事へのトラックバック一覧です: 保護ねこ探し:

« 週末のスタッフ | トップページ | 君たちはどう生きるか »