« 粉もん大好き | トップページ | 種を制するものは、世界を制する »

2017年3月17日 (金)

人生フルーツ

以前から観たいと思っていて、さらに山形でやっているよと教えていただき、オススメされた映画。

「人生フルーツ」を観てきました。

津端さんご夫妻のことは、以前なにか雑誌で存じ上げていて、
その後、ご著書(ときをためる暮らし)を購入していました。
(読後、大江町の図書館に寄贈しましたので、ぜひお読みくださいませhappy01

映画鑑賞後、いろいろ考えました。


わたしは「人生は苦である」と考えて、日々生活しています。

昨日と同じ今日は無いし、今日と同じ明日は来ない。

悩み(小さくても)、それは苦しみである、と。


だからこそ、しあわせな時間を大切に、生きている今を大切に、と考えています。


人生フルーツを観て、やはり毎日をコツコツと、自分のできる範囲で、真面目に、でも愉しみながら、いまを生きていけばいいのだなぁと思いました。


そして、映画に出てくる英子さんのお料理は、とても美味しそうでした。
美しい料理は美味しいのです。

食糧の買い物も真剣で、お店の人ともツーカーのようでしたね(その魚は養殖です!じゃあ・・・なんてあたりは特に)。



長生きすることが幸せとは思いません。

けれど、長く生きることができるなら、健康で愉しく日々を過ごせるような人になりたいな、と思うのです。

そのためには、今をどう生きるのか。

何を、どう、食べるのか。

子どもたちやパートナーには、どう接するのか。

いろいろと考えなければなりませんね。


わたしは60歳になったとき、どんな顔になっているだろう、というのが密かな楽しみです。

ちょっと前までは40歳になった時、どんなことができるようになっているかな?と思っていたのですが、近くなってきたので(笑)、もう少し先を見て。

50歳くらいになったら、80歳くらいのことを夢見ることができるかなぁ。

そんな先のことを考えても、いつどうなるかわからないのが「生きる」ということですけど。





|

« 粉もん大好き | トップページ | 種を制するものは、世界を制する »

はしもと家の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2004750/69950565

この記事へのトラックバック一覧です: 人生フルーツ:

« 粉もん大好き | トップページ | 種を制するものは、世界を制する »