« 公開演説会 | トップページ | フェンネル »

2016年7月 5日 (火)

演説会の原稿

昨日の原稿をこちらにアップしておきます。

「 私は、伏熊の橋本彩子と申します。
3年前、大江町に移住し、新規就農した夫とともに農業をしています。

今回の選挙、たくさんの争点があります。

アベノミクスの成果やTPPについて、憲法の議論や原発、経済格差の拡がりなど。

皆さんそれぞれ、重きを置く課題が違うのではないかと思います。

私は何よりも、憲法について注視しています。

農作業中、国会中継を聞くことが、よくあります。

安倍総理は常々「憲法改正は、自民党結党以来の悲願であります」と口にしています。


どのように変えるつもりなのか、インターネットで改正草案を調べてみました。

私が一番驚いたのは、現行97条をまるまる削除していることです。
97条とは、「基本的人権を永久の権利」としているものです。
私たちの基本的人権を守ってくれる条項を削除するつもりのようです。

また、新しく第9章につくられる「緊急事態」条項というものも、かなり危険だとされています。

予期せぬ事態により、国内が混乱状態に陥った場合、総理大臣が緊急事態宣言をすることによって、内閣は法律と同等の権限を持つことができ、予算も自由につかえるようになります。

100年以上前、当時もっとも民主的とされたドイツのワイマール憲法。
その中に「国家緊急権」という、今回の緊急事態条項と酷似したものがありました。
それを悪用した形で、ヒトラーは恐ろしい独裁国家をつくりあげました。

少し前、麻生副総理が「ナチスドイツの手口に学べ」といって、話題になったことを覚えていらっしゃいますか?

安倍内閣が危ない、というのではなく、今後どのような方が総理になられるのかわかりません。
ヒトラーのような人が日本のトップに立つこともありえ、また、その危険をはらんだ憲法に変えようとしていることをどう思われますか?

秘密保護法も、安保法の強行採決も、国民から多大な支持を得ていると言って、決まっていきました。

「TPP断固反対」といって当選された山形選出の自民党議員は、国会で反対を表明してくれましたか?
いくら地元で「わたしは反対なんです」といっても、国会や自分の党内に伝えてもらえなければ、意味がありません。

今の社会に対して不満がある。 でも、その社会をつくってきたのは、私たち大人です。
国が、政府が、国会議員だけが悪いのではなく、その人たちを選んだ私たち国民に責任があります。

いま、福島県が原発事故によって苦しんでいるのも、元をただせば、お金に目がくらみ、原発誘致に反対できなかった当時の住民に責任の一部があるといえます。

子どもたちにより良い未来を残すため、私たち大人がしっかりと自分たちで考え、見極めて、行動していくことが大切ではないでしょうか。

舟山やすえさんは「今だけ、カネだけ、自分だけ、の今の政治を批判し、心の豊かさを大切に」とおっしゃっています。政治家として大切な視点だと、私は思っています。

政治は、生活に直結する大変身近なものです。
どうか、この会に来られなかったご友人やご家族とも、今回の選挙について気軽にお話をして、情報を共有してください。

インターネットで観ることのできる動画に、自民党が憲法改正草案を提出した後の集会の様子が映っていました。
その場にいる自民党の方々は「国民主権や基本的人権、平和主義というものがあるから、今の憲法は良くない」と発言していました。もちろん、その集会には安倍総理も出席し、拍手している姿も映っています。

世話になっているから、知り合いだから、といった安易な理由からではなく、しっかりと候補者を見極め、選挙権を持つ大人の責任として、自分の考えで投票に行きましょう。

私たちの代表を決める選挙です。
山形からは、私たちの意見を代弁してくれる舟山やすえさんに国会に行っていただきたいと思いませんか?


最後に、投票する際の注意点を一つ。
舟山やすえさんの舟という漢字を、船舶の船という字を書いてしまうと無効になるそうです。ご注意ください。

どうぞみなさま。舟山やすえさんを、よろしくお願い致します!!」

|

« 公開演説会 | トップページ | フェンネル »

思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2004750/66364185

この記事へのトラックバック一覧です: 演説会の原稿:

« 公開演説会 | トップページ | フェンネル »