« 10/16の野菜セット | トップページ | 子どもたちと藁 »

2015年10月16日 (金)

感謝の気持ちを伝えること

水曜日。

息子の祖父母参観があり、郡山の母が大江町に来てくれました。

その間、父はショートステイにお世話になることになりました。

初めての施設にお泊りということで、行く前から嫌がっていた父。

それでも、母のストレス解消という側面もあったため、なんとか行ってくれました。


いろいろと問題があり(食事が美味しくない等々)、母も父のことが心配でならず、こちらに泊まっているときも、「お父さんのことが心配で眠れなかったわ・・・」という始末。

本日、父が帰宅したところで電話して聞いてみると・・・

「お父さんから初めて労いの言葉をかけてもらったの!!
お母さんの介護は最高だって!!!」

と、弾んだ声の母。

私たちも日頃から、母の献身的な介護には脱帽していました。

でも、介護を受ける当の本人はそれがずっと普通のことと思っていたのだと思います。
(妻だしね)

しかしながら、今回。

施設での待遇に対して、自分はどんなに幸せな毎日であったのかということに気付いたのでしょう。

ある意味、ショック療法。

心からの感謝の気持ちが言葉になって表れたのですね。

それを聞いて母も、さらにやさしい気持ちでこれからも介護してあげられることと思います。



感謝の気持ちを言葉で表現することって、とっても大切だと思うんです。

わたしも、夫や子供たちに対して、どんな些細なことでも気づいた時に感謝の言葉を述べるように努めています。

自分が言われると嬉しいことは、他の人だって嬉しいはずです。

行正り香さんのエッセイじゃないけど、やさしさグルグルです。

良い気持ちの循環は、良いことが起こり、平和な社会に向かっていくエネルギーになるんじゃないかなーなんて思います。

みーんなが感謝の気持ちで動けたら、一番いいですよね。

最近、皆さんの善意によっていただくご縁も、本当にありがたいです。

私たちは、ただひたすらにブレずに、自分たちの信じる道を真っ当に進んでいきたいと思います。



明日も農作業、頑張りますよー!!!!

|

« 10/16の野菜セット | トップページ | 子どもたちと藁 »

思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2004750/62078429

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝の気持ちを伝えること:

« 10/16の野菜セット | トップページ | 子どもたちと藁 »