« 戦いは続く。 | トップページ | 根切り虫。 »

2014年6月26日 (木)

大地讃頌

昨日までの草取り・除草の疲れが抜けず、朝からの除草はやめて二人でトマト畑での作業から始めました。

わたしはトマトの誘引と芽欠き。
父ちゃん(園主というのに抵抗があるそうで、今度から父ちゃんと書くことになりました)は、野菜たちへの水やり。

Img_4381

大江町に雨が全く降らないのが恐ろしいほどです。

夕方~夜にかけて曇り・雨の予報であったとしても、夜になって空を見ると星がきれいに出ていたりして、雨の降る様子が全く見られません。

トマトは水をあまり好まないのですが、あまりにも水気が無いと上の方の花芽を落として防御する性質があるそうです。バランスが難しいですね。

また7月に大雨がくるのではないか、とヒヤヒヤしています。

Img_4382
月山の雪解けも、昨年よりペースが速い気がします。

その後、人参とゴボウの畑に行き、草取り。
昨日と合わせて、ゴボウ二畝完了。
Img_4383
少しすっきりしましたね。

ちょっとしたことで、大地讃頌という合唱曲を思い出しました。
わたしが中学3年生の時の合唱コンクールの課題曲でした。
中学生になって初めて聴いてから、ずーっと歌いたいと思っていた曲。
今でも大好きな曲なのですが、その歌を口ずさむとすっごく農家に合ってるって思ったのです。

「人の子ら、その立つ土に感謝せよ」
「恩寵の豊かな大地、褒めよ、讃えよ、土を」

大事なことを言ってるなー、と初めて歌詞を考えて歌いました。

先ほどネットで調べると、この曲は原爆から再生した大地を讃えよ、という意味合いの曲なんですって。
それもまた、ガーンとショックを受ける内容でした。まさに、今!という感じがしませんか?

第7楽章から成り立つ合唱曲
思ったよりも深すぎて、全部聴いてみたくなりました。


|

« 戦いは続く。 | トップページ | 根切り虫。 »

農園のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2004750/56618769

この記事へのトラックバック一覧です: 大地讃頌:

« 戦いは続く。 | トップページ | 根切り虫。 »