2022年3月12日 (土)

苦難にも意義がある

あの震災から早いもので11年。

実際に経験した人も、そうでない人も

様々な場所で、様々な思いで、それぞれの11年目を迎えていることでしょう。

今もなお、心に深い傷を負ったままの人も多いと思います。


人生に苦悩を感じた時、私は仏教の中に救いを求めています。


私はもともと仏教を大事にする家庭に育ちましたが、子どもの頃は、その本当の意義を感じる事はできませんでした。

しかし、

大人になり、少しずつ世の中を知り、様々な経験をしていくにつれて、生老病死 四苦八苦 因果応報 諸行無常 縁起など ブッダが説いた教えの数々が、

世に起こる事象や人間の心を、本当に深く考察し表したものだと思えるようになりました。


ブッダが、未だ人類が理解できていない、宇宙を超えたどの領域まで思いを巡らしたのか、のほほんと日々を過ごす私には全く知る由もありませんが。

生きる上で抱える様々な苦悩から逃れる方法を悟り、人々の心に救いの道を論理的に示されたのがブッダなのだと私は思っています。


最近仕事中に聞いているインターネットラジオ ポッドキャストでも、仏教を取り上げる番組が増えているなぁと感じています。

人気番組のコテンラジオで取り上げられた事もあり、それを聞いた多くのリスナーや他のポッドキャスターも、仏教の価値をあらためて認識しされたのではないでしょうか。


本当に世の中の出来事や人の心は諸行無常で、

今どんなに幸せでも、いつ災害や事故などによって人生が一変するかもわかりませんし、

今どんなに優しい心の持ち主でも、家族が突然事故や事件の被害者になれば、加害者に対する憎悪の心が宿ってしまいます。

誰もが生きる環境次第で幸・不幸が起こり、善人にも悪人にもなってしまうのです。


苦しみは無いに越したことはありませんが、そんな人生は到底あり得ません。

そこで私が思うのは、苦しみにも意義があるという事です。


ブッダは生老病死をはじめとした、煩悩が引き起こす心の苦しみの中から、衆生を救う悟りの教えを得ているように、苦しみには次につながる何かしらの意義があると思うのです。


生物が誕生して以来、食物連鎖の過程で喰う喰われるといった行為や、自然環境の変化に対応できないなど、全ての生物は苦痛を伴いながら生きてきたと思います。

その結果として、子孫を残すための進化を繰り返し、今の生物種が生存しています。


ならば、現代に生きる人々が感じる苦痛には、いったいどんな意味があるのでしょう。


戦争による犠牲の先には、相手への憎しみと同時に人の愚かさを知り平和の大切さを思う心が芽生え、

震災や気候変動による苦しみの先には、自然への畏敬の念と助け合いの心、平穏な日常への感謝が生まれます。

辛い仕事があれば、工夫する意識が生まれ、老化や病気からは健康の大事さがわかります。

まさに苦しみがもたらす因果応報です。


そして今この時も、震災被災者や原発事故の被害者、新型ウィルスで闘病されている方、ウクライナやその他の戦火で苦しむ人々、

その他様々な事情で、多かれ少なかれ苦悩している方が無数に存在します。


一昔前までは、こんなに世界中の苦しみを感じ共有する事は出来ませんでしたが、情報網が発達した現代は違います。


世界中で起こる多くの苦しみを知ることが出来る時代だからこそ、その苦しみの意味を考え、自分たちは今何ができるのかを一人ひとりが
考え、行動する事が大切だと思うのです。


今の経済システムが富の奪い合いを招き、戦争が何度も起こるのなら、別の経済の在り方を考えなければなりません。

グローバルになりすぎた社会構造が物の移動を必要以上に増やし、温暖化や気候変動を引き起こしたりウィルスの蔓延を招いているのなら、自然の循環が成り立たない構造を見直し、ローカルでも成り立つ社会を構築しなければならないでしょう。


今起きている様々な苦しみを無駄にしないためにも、3.11を機に少しでも世界の苦しみに思いを巡らし、今ある生活に感謝すると同時に、行き過ぎた欲望を改めた生き方を人類全体で実現できたらいいですね。


私も身の周りで出来る事から、少しでも実行していきたいと思います。

| | コメント (0)

2022年2月21日 (月)

冬のあれこれ

大変ご無沙汰しております(^^;

また久しぶりのブログ更新となりました。

この冬も厳しい寒さが続きましたが、はしもと家は無事に生存しております!


冬の我が家は、雪が降ればせっせと除雪。

雪が降らない日はほぼない中で、家の周りやビニールハウス周りの除雪と、雪の下野菜(人参・大根・かぶ・キャベツなど)がある畑までの農道の除雪に結構時間をとられています。

寒くて辛い冬作業ですが、最近インターネットラジオ(ポッドキャストとかSpotify)を聞きながら頑張っています。

中でもオススメなのが、コテンラジオ。https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%82%92%E9%9D%A2%E7%99%BD%E3%81%8F%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%82%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA-coten-radio/id1450522865

パーソナリティとその仲間たちが、テーマに沿ってたくさん集めた情報を、素人にもわかり易いように楽しく教えてくれてます。

他にもたくさん面白い番組がありますので、是非インターネットラジオ聞いてみてはいかがでしょうか。


さて、農園の話に戻りたいと思います。

雪国山形において、農場など広範囲の除雪作業で活躍するのがトラクターに装着したスノーラッセル(何年か前に新潟県に中古品を買いに行きました)。

しかし積雪1mを超えてくると、この機械でも少ししんどそうです(-_-;)
Dsc_1531

露地に植えたままの野菜は1m以上積もった雪の下から掘り出します(>_<)
Storypic_00057728_burst211222111724
Dsc_1517


そして葉物野菜を育てるビニールハウスを大雪から守るためには、屋根から雪が落ちるスペースを確保しておくのが大変重要です。

雪国では冬の除雪作業も考えて、ビニールハウスの建設場所を考えなくてはいけませんので、山形での就農を考えておられる方は参考にして下さいね。
Dsc_1515


その他にも寒い時期の大切な仕事として、米糀を使った加工品づくりがあります。

地元の糀屋さん(菊地糀屋さん)にお願いして、うちの米で米糀をつくってもらってます。

数少ない地元の糀屋さんとして、これからも頑張ってほしいです。
Dsc_1494

米糀に、炊いたお米と水を加えて55℃くらいで保温。8時間ほどすれば優しい甘さの甘酒完成です(^^)

これを保存袋に入れて冷凍保存しておけば、過酷な夏に重宝するスペシャル栄養ドリンクになるのです。
Dsc_1495


そして定番の味噌づくり。お塩以外の米や大豆は自家製です。

こちらも糀屋さんにお願いして、米60kg+大豆30kgの割合で木の樽に仕込んでいます。

7月を過ぎた頃から美味しい味噌が食べられます。
Dsc_1505
数年前に味噌づくり企画を行って好評だったのですが、コロナ禍という事で今年行えるかは微妙な状況です。

楽しみにして下さっている皆さんには大変申し訳ありません。実施できそうな時は、またあらためてご案内させていただきますm(__)m


農園以外の行事では、小正月に向けて歴史民俗資料館や中央公民館の団子木飾りもお手伝いしました。

今年もコロナウィルスの影響で、雪中田植えなどの小正月行事は実施されませんでしたが、五穀豊穣と一年間の農作業の安全を祈願して飾りつけを行いました。
Dsc_1529


こちらは地元伏熊地区の『おさいとう』という行事です。

稲藁や豆殻、古い正月飾りなどを燃やして一年の無事をお祈りします。

小学校に通う子ども会のみなさんと作った雪灯篭が優しく辺りを照らしていました(^^)
Dsc_1555


2月中旬を過ぎると少しずつ春の足音が。

ビニールハウスの中ではカエルや蜘蛛が活動を始めています。
Dsc_1564

厳寒期は卵を産まなかった雌鶏たちも、ゆっくりとしたペースで産卵始まりました。有難くいただきます(^^)
Dsc_1566

猫はまだまだ屋内がいいようで、事務作業の邪魔をする姿に癒されます(#^^#)
Dsc_1539


最後に雌山羊のシロが発情期を迎えた様子を動画でお見せします。
普段はあまり愛想のないお母さん山羊(餌を持って行くときは嬉しそう)ですが、この発情期は切なく大きな鳴き声と高速でフリフリする尻尾がなんとも愛らしいのでした。

冬は恋の季節💗 - YouTube


次はいよいよ種蒔き準備。踏み込み温床づくりを開始します!

作業が一段落したら、またブログに載せたいと思います。

| | コメント (0)

2021年11月13日 (土)

農機ってすごいなぁ

どんどん農業を営む人が減っている中で今ある農地を維持していくには、どうしても農業機械に頼らなくてはなりません。

環境負荷を考えると、昔のように小さな農家がたくさんいて、みんなで協力しながら手作業で行うのが望ましいのですが・・・

あまりにも就農人口が減りすぎて、大型の機械でこなさなければ、あっという間に耕作放棄地が増えてしまいます。

こんなに追いつめられた状況が本当に悲しいです(T_T)


我が家は、刈り取った稲の乾燥は天日干しですが、一般的にはコンバインで稲刈り・脱粒を行い、石油を使った乾燥機で籾を乾かしています。

コンバインを所有している近所の若手農家の友人は、周りの農家が離農していくたびに刈取り依頼が年々増え、もう限界だー!と言っていました。

 

うちもそのうちコンバインでの刈取りにしなければ、集落の農地を守れなくなりそうです。

周囲の方々から、「早くコンバインに切り替えて、うちの田んぼも刈ってけろ~」というプレッシャーをひしひしと感じています。


我が家だけが暮らす分なら、今の杭掛け・天日干しのスタイルで十分なんですけどねぇ(-_-;)


杭掛けの風景は本当に美しくて、後世に残していきたいんです。

Dsc_1346

そして今回は、稲の杭掛け・天日干しに大活躍の農機『バインダー』を紹介します。

稲刈りから稲ワラの結束までを行ってくれるスゴい機械です。

手刈りがあたり前の時代に、この機械を見た当時の農家さんは、涙が出るほど感動したんじゃないかと思います。


↓珍しく動画をアップしました。興味のある方はぜひ見てみて下さいね!

https://www.youtube.com/watch?v=UiD-jCxFnHk

| | コメント (0)

2021年11月12日 (金)

時間は待ってくれない~

またしばらくブログ更新が遅れてしまいました。

コロナがやや落ち着いているようですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

こちら山形県大江町は、あっという間に夏~秋、そして冬の足音が聞こえてくるような感じです。



突然ですが、この夏、我が家の家族の一員♂山羊の”つくし”が病に倒れ、亡くなりました。

Dsc_1301

ある日から全く尿が出せなくなり、お腹が膨らみ、食欲もなくなり、その後立てなくなりました。


おそらく原因は尿結石。

メスよりも尿道が長いオスは、結石の詰まりが起りやすいといわれています。

そして、これは私の知識不足による事ですが、オス山羊の去勢を行った際、その時期が早かった事が要因の一つかと思っています。

身体が大きくなる前の早い時期に去勢を行うと、その後、大人になる過程で尿道の生育が進まず細い状態のままとなり、結石が排出し難くなってしまうというのです。

結石ができる原因には、他にも食べさせる草の種類などもあるようですが、おそらく去勢時期が早すぎた事が主要因だったのではと思っています。

山羊を飼うに辺り、ちょっと本を読んで知ったつもりになっていた自分の浅はかな考えが、”つくし”の一生をこんなに短くしてしまったのだと深く反省しました。

亡くなる日は、痛みに苦しみ鳴き声を上げる”つくし”の体を擦り、ごめんねと謝りながら最後を看取りました。



その後、悲しみに暮れた日々がつづきましたが、時間は待ってくれません。

お米や野菜は、何事もなかったかのように、それぞれのペースでどんどん成長していきます。



そして9月下旬、稲刈り時期を迎えました。

小学5年の息子は、初めて稲を刈るバインダーを操作して手伝ってくれました。
Dsc_1326

中学1年の娘は杭掛け作業のお手伝い。 二人とも頼もしく育ってくれています(#^^#)
Dsc_1353


他にもお手伝いに来て下さった方もおり、なんとか無事に杭掛け作業を終えられました。

お手伝い下さった皆様、本当にありがとうございました!
Dsc_1367 

Dsc_1358


そして待ちに待った脱穀作業!!
今年はそこそこ秋の晴れ間がつづき、100%天日乾燥のお米が収穫できました。
Dsc_1369


こちらは貯水沼の耐震補強工事で水が引けない田んぼ。排水対策をしっかり行い、味噌用の大豆に転作です。
Dsc_1232
大豆に転作すると、大豆の持つ根粒菌によって、空気中の窒素を土壌に蓄え土を肥やしてくれます。
さらに畑地とする事で、水田に生える水生雑草を減らす効果もあり、その後の水稲栽培にとても良い効果をもたらしてくれます。


そして大豆の刈取り。
Dsc_1407
大江町の若手農家が集まる農作業受託組織『大江カントリーファーム』のみなさんと、大豆用コンバインで刈り取りました。
雨が降る直前、日が暮れてまで作業にあたってくれた仲間に感謝です!


今後ますます後継者不足が顕在化する農業ですが、仲間と協力してこの農村風景を次世代に繋げて行けたらと思います。


農家になっても良いかなぁと思う方が近くにいらっしゃいましたら、是非大江町での就農もご検討いただければと思います!

| | コメント (0)

2021年8月21日 (土)

7/12から8/13までの野菜セットに入れたおたより

ダウンロード - 810813.pdf

ダウンロード - 72830.pdf

ダウンロード - 802806.pdf

ダウンロード - 712716.pdf

ダウンロード - 720723.pdf

 

 

| | コメント (0)

8/17~20にお届けした野菜セットのおたより

ダウンロード - scan20210821_112831.pdf

なかなかブログが更新できないので、毎週お届けしているおたよりをPDFファイルで載せることにしました。



本当は春からしたかったのですが、なかなか・・・。
今までのものも少しずつ載せますー!

 

 

| | コメント (0)

2021年7月 7日 (水)

最近の農園風景です!

また久しぶりのブログ更新となってしまいました(-_-;)

相変わらず忙しい毎日を送っている、はしもと農園です。


今回は、圃場の様子などを紹介したいと思いますー。


昨年まで耕作放棄されていた田んぼ!!
稲の風景を復活させて、地元のお年寄りの方からもお褒めの言葉をいただきました(#^^#)
Dsc_1104
除草剤を使わない我が家の無農薬田んぼ。
何度も除草機を走らせる日が続きましたが、やっと稲の生育も進み、雑草に負けない大きさになってくれました。まずは一安心です(^^;


こちらは小麦の天日干し。
Dsc_1096
本格的な梅雨に入る前に、なんとか刈り取りを終え、じっくりと自然乾燥させています。


そして野菜畑の様子です。
Dsc_1123
キュウリの畝は、防草のためのビニールマルチを張った畝(右)と、張らない畝(左)。

環境負荷を招くビニールマルチを何とか減らしたくて、緑肥を使ったマルチ栽培に挑戦しています。



トマトも、あと数日で収穫開始です。近所の猫が遊びに来ています(^^;
Dsc_1128

茄子も少しずつ収穫始まりました。
Dsc_1126

比較的早く収穫始まったズッキーニ。元気を維持するために追肥をしながら収穫しています。
Dsc_1089

インゲンも元気一杯です!
Dsc_1125


今年から、山のため池の耐震補強工事で水が引けなくなった田んぼには、地力を上げる大豆を作付けしています。
Dsc_1103 
全部で8反歩。たくさん大豆が採れるように、除草作業を頑張っています。


玉ネギは雨が酷くなる前に無事収穫。ただいまビニールハウスの中で乾燥中です。学校給食にも沢山使っていただいてます(^^♪
Dsc_1107


こちらの畑には、緑肥のエン麦とヘアリーベッチを栽培(右)。その左隣りはサツマイモの畝です。
Dsc_1110
大きくなった緑肥は細かく粉砕して土に鋤き込み、冬の大根やキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーの畑にしていきます。



ブルーベリーも収穫始まっています。年々お客様が増え、収穫・選別が忙しくなってきました。本当にありがたい事です(^^)
Dsc_1080


雌のニワトリたちは、巣箱の中で卵を温め、ヒヨコが産まれ始まりました。
今年は何羽のヒヨコが無事に育つか、優しく見守りたいと思います。
Dsc_1135  


去年、スムシに入られてしまった二ホンミツバチの巣箱でしたが、今年も群れが入ってくれました。
毎日、蜜を探しに一生懸命働いてくれています。
Dsc_1097


そして隣町の朝日町からは、ハチミツの森キャンドルでお馴染みの安藤さんが、野菜の害虫芋虫対策にとアシナガバチの巣を移住させてくれました。たくさん芋虫を捕ってくれー!
Dsc_1090


こちらは、地元の大江中学校の2年生が職業体験に来てくた時の様子。
Dsc_1136
農家になりたい!っという子もいて、とっても嬉しく思います。
少しでも農業の楽しさや素晴らしさ、そして大変さを感じてもらえたらと思い、毎年数名受け入れています。


以上、最近の農園風景でしたー。




| | コメント (0)

2021年5月30日 (日)

小さな卵

Center_0001_burst20210530074904550_cover

今朝、産卵場所から採ってきた卵たち。

目を疑う小ささ!大丈夫なのかな?

鶏のだよね??

ストレスだったらゴメン…て感じですが。

いつ割ろうかな…

| | コメント (0)

2021年5月27日 (木)

最近の農園はこんな感じです

様々忙しくて、ブログ更新が遅れてしまいました。


田んぼ、野菜、果樹の管理作業プラス、動物たちのお世話に追われる毎日です(^^;


稲の育苗は、今年から水田の貯水沼の耐震工事があり、例年行っていた田んぼでの水苗代作りが出来なくなったため、初めての露地プール育苗に挑戦しました。


発芽が揃わなかったトラブルがあり、生育にムラが出来てしまいましたが、何とか田植えまで終わらせることが出来ました。

Dsc_1038

隣りの集落で初めて借りた田んぼは、耕作放棄地にされただけあって水持ちが悪く、常に水を流し込まなければ一晩で水がなくなってしまうザル田です(>_<)

常に水を流し込むという事は、それだけ水温が上がりにくいので、稲の生育が遅れてしまう事に繋がるのです。


でも、せっかくお借りできた田んぼなので、上手に付き合って収穫まで辿りつけるよう頑張りたいと思います!



その水田で雑草が発生した時に活躍してもらうのが、今年の新型除草機『ラジコンボートくん』です(^^♪

Dsc_1047

無農薬稲作が広がらない一番大きな理由は、田んぼの除草だと思います。

水田の中を除草機を押しながら歩く様は、誰が見ても大変そうな仕事と感じるでしょう。

見た人は、頑張ってるなぁと思っても、決して自分がやりたいとは思わないハズです。

そこで、子どもでも女性でも簡単にできる水田除草機を作ろうという事で、出来上がったのがこちらのボートです。


中古の部品を集めて作ったので、制作費は2万円チョットで済みました。

今から子どもと一緒に走らせるのが楽しみです(^^)



畑の様子も少しずつ賑やかになってきました。

ジャガイモ畑  品種はキタカムイです。

Dsc_1051


直播トウモロコシも発芽しました!  これは昔ながらのモチトウモロコシ。生食ではなく乾燥させて製粉して利用する予定です。
 
Dsc_1052


こちらは人参です。 今年は春の強風が何日も続いたため、土が乾燥して発芽させるのが本当に大変でした。3度目の播種でようやく出ました。

Dsc_1053


ネギの苗も大きくなりました。 先ほど、畑へ定植してあげました。

Horizon_0001_burst20210511081119491_cove


そして今、家の中で最も賑やかなのが今年産まれたヒヨコたち!

近所の友人へもあげたので、どんどん広がってニワトリを飼う家庭がたくさん増えたらいいなぁ。

Dsc_1049


そしてヒヨコを狙うハンター猫。 今日も元気にお散歩です(^^♪

Horizon_0001_burst20210505092304573_cove

| | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

春です!

ご無沙汰しております。

こちらは元気に過ごしております。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

雪深い冬にのそのそと家の中で過ごした私は、コロナ太りと言えないくらいに肥大化しております。
議員服(スーツ)も次々とサイズアウト。
やばいです。
頑張って畑に出なければなりません。

そんなわけで、じゃがいも植え付けです。

Diagonal_0001_burst20210412164630619_cov
※写真を開くと父ちゃんが映っております。

今回は劇的な早さ!
父ちゃんがサクサクと管理機で畝を立て、そこに種芋をせっせと置いていくだけ。

いやー、この置いていくだけ、が苦しいんですよ!みなさん!
腰が痛くて痛くて(運動不足ゆえ)。

優しい父ちゃんにマッサージしてもらった私です。

なんやかんやとスケジュールがあり、なかなか畑仕事に出られない日々でもありますが、時間があればサッと動くことができるような身軽さでありたいものです。
いまはドスドス動いていますけどね・・・。

せっせと種まき・仮植(大きくなってきた苗を大きなポットに移す)作業くらいしか手伝っていませんが、充実しております。
また、ブログ書けるように頑張りまーす。

| | コメント (0)

«2030 未来への分岐点